SoftBank 3G(携帯電話)をご利用のお客さまへ サーバ証明書切り替えによる影響のご案内

掲載日:2015年7月15日

インターネット上の暗号化通信で利用されている「サーバ証明書の切り替え」により、今後、SoftBank 3G(携帯電話)の一部機種でインターネット接続する際、暗号化通信を利用している一部Webページの利用ができなくなる可能性があります。暗号化通信を必要とするWebページ、サービスをご利用されているお客さまは、ご留意ください。

  • 暗号化通信(SSL/TLS)は、通信内容を暗号化するため、オンラインショップ、インターネットバンキングなどのWebページで利用されています。
  • 暗号化通信を使用しないインターネット接続は、これまでどおり、問題なくご利用いただけます。
  • 音声通話サービス、及びS!メールについては問題なくご利用いただけます。
  • ソフトバンクが提供するサービスについては、影響を受けるサービスと影響内容、およびその影響が生じる時期が決まりましたら、お知らせいたします。

サーバ証明書の切り替えとは

CA/Browser Forum※1は、2016年1月1日以降、SHA-1※2証明書を発行してはならないという指針を出しています。
これにより、暗号化通信を利用しているオンラインショップやインターネットバンキング等のWebページでは、SHA-1証明書からSHA-2※2証明書へ切り替えるケースが発生いたします。SHA-2証明書へ切り替えたWebページへは、SHA-2非対応の一部SoftBank 3G(携帯電話)からは接続ができなくなります。
各WebページにおけるSHA-2証明書の切り替え予定については、各Webページへお問い合わせください。

影響を受ける機種

001P、001SC、001N、840Z、840P Premium、941SC、942P、840SC、842P、740N、741N、942SH KT、943SH、841P、840P、942SH、941P、840SH、840SH Premium、940N、940P、931N、941SH、940SC、940SH、832SH s、740SC、831N、830SC、936SH、931P、935SH、832T、930N、931SC、934SH、933SH、832P、831SH s、831SH KT、731SC、831P、930CA、830N、830SH Premium、831SH、932SH、930P、831T、830T、930SC、N82、830CA、930SH、830P、830SH、824T、821N GLA、823T、921P、824P、824SH、923SH、821N、820N、825SH、823P、815T PB、X02NK、821SC、922SH、920SH YK、921T、921SH、821T、823SH、822T、920P、820SC、822P、820T、920SC、812SH、920T、822SH、913SH G、821SH、X01T、820SH、821P、820P、920SH、705Px、816SH、912T、815T、913SH、812SH sⅡ、812SH s、814T、815SH、814SH、810P、805SC、912SH、X01NK、707SCⅡ、813SH、911T、813T、708SC、706N、706P、812T、705NK、709SC、707SC、705N、911SH、910SH、811T、810T、706SC、803T、705SC、705P、811SH、810SH、910T、804NK、705SH、705T、905SH、804N、904SH、804SS、904T、804SH、702NK2、703N、703SHf、903T、903SH、703SH、902T、802N、802SH、902SH、702sMO、802SE、702MO、702NK、V801SH、V801SA、V-NM701、V-SA701、V-N701、V66

ソフトウェア更新予定機種について

影響を受ける機種のうち、以下の8機種ついては、今後、ソフトウェア更新により対応を行う予定です。
ソフトウェア更新は、準備が整い次第、順次実施いたします。

002P、002P for biz、103P、301P、840P for Biz、830SH for Biz、832SH、843SH

以上