2015年3月 東日本大震災 被災地の今

ソフトバンクグループでは、東日本大震災で被害を受けられた皆さまへの支援のために、公益財団法人 東日本大震災復興支援財団の「『あの日』を忘れない宣言」の趣旨に賛同し、皆さまと共に継続的な支援を続け、被災地の現状についてお伝えします。

被災地の今 2015年3月

新たな旅立ち~東北の高校卒業式~

新たな旅立ち~東北の高校卒業式~

2015年3月1日、岩手県・宮城県・福島県内にある多くの公立高校で卒業式が執り行われました。

この日、「まなべる基金」を受給してきた高校生842名が、勉学と部活に励んだ結果、無事卒業を迎えました。今年卒業を迎える高校生たちは、中学2年生の時に東日本大震災を経験した生徒たちです。まなべる基金では高校在学中の3年間を支援してきました。

無事、卒業を迎えた生徒からは、「震災後、父を福島に残し、母と私たちで避難をしました。その後、父が体調を崩してしまったため、福島へ戻り、地元の高校へ転校しましたが、転校に伴って新しく買わなくてはならなくなった教材などがあったため、まなべる基金はとても助かりました」、「高校生活では勉学だけでなく部活動やボランティア活動などを通じ、たくさんのことを学びました。将来は看護師不足といわれている地元のために看護師として働きたいと思っています。まなべる基金は参考書を買うために活用させていただきました」といった言葉がありました。
卒業式に参加した、まなべる基金の担当者からは「震災後、不安と希望、両方を抱えながらの高校生活だったと思います。そんな中でも、多くの生徒たちが高校生活を諦めず、次の目標を持って卒業してくれていることに大きな喜びを感じます。心からおめでとうと伝えたいです」と語ってくださいました。

震災から4年。震災当時14歳だった子どもたちは、18歳になりました。そして、大切な仲間と過ごした思い出と、高校を卒業できることの重みを胸に抱きながら、次のステージに向かって歩き始めます。

新たな旅立ち~東北の高校卒業式~
[注]
  • まなべる基金は、公益財団法人 東日本大震災復興支援財団が行う支援活動の一つで、経済的な理由で進学・就学が困難になった高校生に対して返還不要の奨学金を月20,000円、在学中最長4年間給付する奨学金制度です。これまでに14.1億円。2,484人の高校生を支援してきました(2015年3月時点)。

子どもたちが撮る「陸前高田市の今」

岩手県陸前高田市

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(以下「SCJ」)は、地域の一員である子どもたち自身が、復興に向けて声を挙げ、参加することでより良い町づくりを目指そうと、子ども参加による町づくり「Speaking Out From Tohoku(SOFT)~子どもの参加でより良いまちに~」を実施しています。
2011年5月、SCJが岩手・宮城県5地域の小学4年生~高校3年生を対象に町づくりに関するアンケートを実施したところ、多くの子どもが「子どもたち同士で話し合い、町のために何かをしたい」と考えていることが分かりました。
そこで、SCJは子どもたちと共に岩手県山田町、岩手県陸前高田市、宮城県石巻市の三つの地域で「子どもまちづくりクラブ」を開始しました。小学5年生~高校生の子どもたちが定期的に集まって、子ども同士だけでなく地域や行政、専門家とも話し合いながら、地域の復興に向けてさまざまな活動をしています。

岩手県陸前高田市の子どもまちづくりクラブ「絆~save the hope TAKATA~」(通称・絆クラブ)では、写真を通して、「高田の『今』」を東北内外に発信しようと活動しています。
1月31日には、フォトジャーナリストの佐藤 慧さんによる写真ワークショップと復興工事現場での写真撮影を実施しました。岩手県出身の佐藤さんから「写真は陸前高田市に来たことがない人が陸前高田市のことを知ってもらうための“窓”になり、考えるきっかけになる。写真は、移り変わる景色だけではなく、その時思った感情を残しておくことができるタイムカプセルのようなもの。その時思ったことを写真に収めてほしい」とアドバイスをもらい、参加した8名の子どもたちは真剣に耳を傾けていました。

復興工事現場に出た子どもたちは、カメラを手に一人一人が伝えたい思いと共に「高田の『今』」を写真に収めました。参加した子どもからは、「昔の町はずっと心に残っていくと思うので、昔の町を忘れないように写真を撮りたい」、「今、陸前高田市に住んでいる人、これから陸前高田市を知る人に写真を通じて、復興の様子を伝えたい」などの感想が上がりました。

撮影された写真は、陸前高田災害FMで活動報告として発信された他、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が岩手県沿岸部で開催する「東日本大震災復興フォト&スケッチ展2014」にも展示されています。
震災から丸4年。子どもまちづくりクラブの活動も、今年で5年目に入ります。SCJでは、今後も子どもたちが町づくりの一員として、地域の復興に向け声を挙げ、参加できるように、これからも子どもたちと共に活動していきます。

子どもたちが撮る「陸前高田市の今」
子どもたちが撮る「陸前高田市の今」
現在の取り組み

ソフトバンクグループでは、現在も災害により被害を受けられた皆さまへの支援を行っています。取り組みの内容については、以下をご覧ください。

  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。