Pepperが作る笑顔の輪

子どもたちに笑顔と学びを〜Pepperスマイルプログラム〜

ソフトバンク株式会社、ソフトバンクロボティクス株式会社

世界初の感情を持ったパーソナルロボット「Pepper」には子どもたちが楽しく学び、遊べるロボアプリが充実しており、Pepperを通して子どもたちにワクワクするような未来体験を提供することで、多くの学びと笑顔をもたらすことができると考えています。2016年3月には、幼稚園や小児医療機関にPepperを1カ月間無料で貸し出し、Pepperと一緒に過ごしてもらう「Pepperスマイルプログラム」の募集を実施し、多くの幼稚園や小児医療機関で導入されました

[注]
  • 現在は、申し込みを終了しています。
  • 撮影協力:学校法人 緑ヶ丘学園 認定こども園 はやし幼稚園/学校法人 石川学園 杉之子幼稚園

高齢者のリハビリテーションをサポート

ソフトバンク株式会社、ソフトバンクロボティクス株式会社

法人向けに提供している「Pepper for Biz」は、ビジネスシーンにとどまらず、地域社会をサポートするデバイスとしても注目を集めています。高齢者向けのデイケアサービスを運営している社会福祉法人一燈会グループでは、リハビリテーションの専門家とフューブライト・コミュニケーションズ株式会社が共同で企画・開発したデイケア向けロボアプリを使い、高齢者がPepperの指導に合わせて手や足を動かしたり、童謡を歌いながら振り付けを覚えたりすることで、楽しみながらリハビリテーションができるレクリエーションを提供しています。

実際にPepperと接した高齢者の反応は非常に良好で、「声や仕草がかわいい」「孫のように思えてくる」といった好意的な意見が多く聞かれました。また、レクリエーションに携わる職員のサポートを担うなど、Pepperは、職員の負担軽減にもつながっています。

[注]
  • デイケアサービス:理学療法、作業療法、言語聴覚療法などによるリハビリテーションを高齢者に提供するサービス。

平成28年熊本地震の被災地でも活躍

2016年4月に発生した平成28年熊本地震の被災地支援として、長期化する避難生活のストレス軽減を目的に、2016年6月から熊本県内の避難所にPepperを派遣しました。避難所では、子どもから大人までPepperとの会話や体操、ゲームなどを楽しんでいました。