プレスリリース(旧ソフトバンクBB) 2004年

お客様情報流出問題に関する、現時点までの調査結果と今後の対策について

2004年2月27日

このたびのお客様情報流出問題および流出したお客様情報をもとにした恐喝未遂事件に関しまして、流出情報の照合作業の結果、その大半が弊社のお客様情報であることが判明いたしました。しかしながら、クレジットカード番号や銀行口座番号、パスワード、取引実績などの信用情報の流出はありませんでした。以下、現時点までの調査結果と今後の対策につきましてご報告いたします。

1. 確認されたデータと弊社が保有する個人情報との照合結果について

警察から分析のご依頼を受けた資料を、弊社が保有する個人情報と照合したところ4,517,039件の個人情報が流出したことが判明いたしました。

照合結果

警察から分析のご依頼を
受けた資料(件数)
お客様情報との
一致人数(人)
湯浅容疑者
案件
4,600,575 4,447,751
木全容疑者
案件
566,506 556,611
(合計)5,167,081 (流出した個人情報)4,517,039
  • 当該データと一致人数の差は、両案件内でのデータの重複及び弊社お客様情報との未一致データ数です。
  • 両案件の一致人数の合計と流出した個人情報との差は両案件間でのデータの重複です。

確認された個人情報の内訳

現在の加入者 加入手続き中 無料体験キャンペーン申込者 解約者 合計
1,473,774 629,814
人数(人) 2,403,617 9,834 2,103,588 4,517,039

2. 確認された個人情報の内容について

(1)お申し込み住所 (2)氏名 (3)電話番号 (4)Eメールアドレス(お申し込み時)
(5) Yahoo! メールアドレス/Yahoo! JAPAN ID (6)お申し込み日

  • クレジットカード番号や銀行口座番号、パスワード、取引実績等の信用情報は入っておりませんでした。今回確認したデータは、信用情報が入っているデータベースとは別のデータベースからのものと判明いたしました。

3. 流出ルートの調査、今後の改善策について

現在、捜査当局の協力を仰ぎながら流出ルートの解明にあたっております。
代表取締役社長兼CEO 孫 正義の直轄組織として、取締役副社長兼COO 宮内謙を委員長とする調査委員会を、個人情報の流出が明らかになった直後、即刻組織いたしました。
捜査当局と協力して調査委員会を中心に、流出経路に関しまして、あらゆる可能性を想定して、徹底した社内調査を進めております。
まことに遺憾ではございますが、現在までのところ、流出経路を特定するに至っておりません。
引き続き全容の解明に向けた努力を続けるととともに、二次流出の防止とデータの悪用防止に向け、捜査当局に全面的に協力してまいります。
データの流出が発覚した直後から、個人情報の管理につきましてさまざまな改善策を積み重ねて再発防止に努めてまいりました。

  • (1) 個人情報にアクセスできる権限者の人員を精査するとともに、その人数を限定してまいりました。
  • なお、前回の発表でご報告いたしましたアクセス権限者の人数に誤りがございましたので、ここに訂正させていただきます。昨年秋に132人がアクセスできたとしておりましたが、関連会社の3人の算入が抜けており、正確には135人でございます。現状のアクセス権限者の計58人はそのままの数字で間違いございません。
  • また、個人情報へのアクセス記録の保存、アクセスの態様の分析などの強化を図ってまいりました。
  • さらに、ハッキング対策などの専門会社と契約して、システムの安全性の強化にいっそう取り組む態勢を整えると同時に、その作業を進めております。
  • (2) 従業員のみならず、業務委託、代理店などに対して、個人情報の管理に関する意識をより高めるために、研修などの教育を徹底しております。また、業務規定を見直し、より厳格な罰則規定の改定などにも取り組んでおります。
  • (3) アクセス権限のある者に対しては、業務の態様について、所属の組織の責任者、管理職を通じて、正当な業務活動を徹底しております。

4. 社内処分について

このたび、このような事態をまねいた責任といたしまして、代表取締役社長兼CEO 孫 正義を減給50% 6ヶ月、および取締役副社長兼COO 宮内謙、取締役CTO 筒井多圭志を減給30% 3ヶ月に処分します。また、併せて関係職員を譴責および減給処分に処します。

5. お客様への対応について

本件につきまして、お客様へのお詫びや、今後も安心してご利用いただけるよう下記の対応を行います。

  • (1) 情報流出が確認された対象者の皆様にはメールにてご連絡いたします。また、メールアドレスのないBBフォン単独にてご利用の会員等の皆様には郵送にてご連絡いたします。
  • (2) Yahoo! BB全会員に対し、情報流出の有無に関わらず、500円相当の金券等をお送りさせていただきます。
  • (3) お客様のメールアドレスや住所変更などの諸般の事情により不着の場合もございますので、下記Webサイトにて情報流出対象に該当するかどうかをご確認いただけます。該当した場合、加入手続き中、無料体験キャンペーン申込者、解約者のお客様も含め、500円相当の金券等をお送りさせて頂きます。
    メールアドレスのプログラムを管理しているヤフー株式会社により、本日2月27日~5月31日までの期間、Yahoo! メールアドレスを何度でも無料で変更する事が出来るようになります。
    こちらのプレスリリースをご参照ください。)
その他詳細に関するお客様からのお問い合わせ電話番号
Yahoo! BB カスタマーサポートセンター 0120-956-827
営業時間: 10:00から19:00
お客様からのお問い合わせメールアドレス

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。