プレスリリース(旧ソフトバンクBB) 2008年

ソフトバンクBBと日本CA、
携帯電話を使った「Web認証基盤」ソリューションを共同で提供
~ID、パスワードを補完する「認証強化の要素」として、
携帯電話を利用する認証サービス「SyncLock」と「CA SiteMinder」を連携~

2008年1月29日
ソフトバンクBB株式会社
日本CA株式会社

ソフトバンクBB株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義、以下 ソフトバンクBB)と、日本CA株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:根塚眞太郎、以下 日本CA)は、「Web認証基盤」ソリューションを共同で提供し、あわせてプロモーション活動を行うことで合意しました。

具体的には、ソフトバンクBBが開発した、携帯電話を利用したWebアクセス用認証サービス「SyncLock」(シンクロック)と、日本CAのWebアクセス管理ソリューション「CA SiteMinder Web Access Manager(以下 CA SiteMinder)」を組み合わせ、「SyncLock/CA SiteMinder Web認証基盤ソリューション」として提供します。

導入・販売・サポートは、「CA SiteMinder」の販売パートナーとして、豊富な実績を持つニッセイ情報テクノロジー株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:小林俊、以下 ニッセイ情報テクノロジー)が行い、導入促進のためのプロモーションに関しては、ソフトバンクBB、日本CA、およびニッセイ情報テクノロジーの3社共同で展開していきます。

オンラインバンキングやショッピングサイトなどのWebアプリケーションでは、IDとパスワードによる本人確認が一般的ですが、ユーザによるID管理の不徹底やフィッシングなどの犯罪によってIDやパスワードが流出し、結果として第三者の「なりすまし」によって簡単に不正アクセスされるケースが多発しています。また、セキュリティ対策を最重要課題としている金融機関側でも、銀行サイトのドメイン名とオンラインバンキングへのログイン画面のドメイン名が一致せず、ユーザがアクセスしているサイトの真偽を判定する手がかりが少ないサイトも多く、Webサービスを提供する企業側のアクセス管理対策も必ずしも十分ではないのが現状です。

こうした中、ソフトバンクBBと日本CAは、より高度なセキュリティ・ソリューションの提供を目指し、協業パートナーとして「SyncLock」と「CA SiteMinder」を連携させた共同ソリューション、「SyncLock/CA SiteMinder Web認証基盤ソリューション」を提供することになりました。

ソフトバンクBBが開発した「SyncLock」は、携帯電話を利用したWebアクセス用認証サービスです。PC画面上にランダムに表示される4桁のシンクロ番号を携帯電話の回線を利用してシンクロサーバに送信するので、シンクロサーバ上でPCと携帯電話による2経路の複合認証が行われ、複製の出来ない携帯電話をカギとすることで、安全かつ確実な本人認証が可能となります。ユーザは普段使っている携帯電話をそのまま利用できる※1ので、従来の認証サービスのように専用トークンやデバイスの配布を行う必要はありません。

  • ※1ソフトバンクモバイル、NTTドコモ、およびauの携帯電話端末に対応(2008年1月現在)

日本CAの「CA SiteMinder」は、可用性の高さや管理の容易性に優れているほか、ワンタイムパスワードやトークンなどあらゆる認証方式に対応、また Windows環境とWebアプリケーションとのシングル・サインオンも実現、統合認証基盤としてコスト削減と高度なセキュリティの実現に貢献します。さらに、パートナー企業、サプライヤなどとの企業間のビジネスにおけるシームレスなアプリケーションの連携を実現するための、IDを連携する「アイデンティティ・フェデレーション」の機能も提供しています。なお、「CA SiteMinder」は、ガートナーの「ウェブ・アクセス・マネジメントのマジック・クアドラント」レポート※2※3でリーダー・クアドラントに位置付けられました。

今回発表する「SyncLock/CA SiteMinder Web認証基盤ソリューション」は、従来のID/パスワードに加え、「SyncLock」を利用することで「2経路複合認証」を実現。さらに「CA SiteMinder」の先進のシングル・サインオン機能ときめ細かな認証およびアクセス制御をひとつにし、一回の認証により複数のアプリケーションを利用することが可能となり、エンドユーザに負荷をかけないシンプルな操作性と、より高度なセキュリティを実現します。

ソフトバンクBBと日本CAは今後、販売パートナーであるニッセイ情報テクノロジーと共同で、以下のような施策を通じて、金融業界や流通業界を始めとした高度なWeb認証基盤が要求される分野に対し、「SyncLock/CA SiteMinder Web認証基盤ソリューション」を積極的に展開していきます。

「SyncLock/CA SiteMinder Web認証基盤ソリューション」概要

「SyncLock/CA SiteMinder Web認証基盤ソリューション」の提供開始日

2008年2月下旬(予定)

以上

  • ※2 Gartner “Magic Quadrant for Web Access Management, 2H07” Ray Wagner, 29 October 2007, GJ08016 ガートナーレポートに関しましては、こちらにアクセスの上ご覧いただくことができます。
  • ※3 Magic Quadrantに関する免責事項:
    本マジック・クアドラントは、2007年10月よりガートナーが著作権を有しており、その許諾を得て再掲したものです。マジック・クアドラントは、特定の時点や期間における、特定の市場を図式的に表現したものです。これは、ガートナーの採用した定義に基づいて、当該市場向けの基準に特定のベンダーを当てはめた場合の評価をガートナーが分析したものです。ガートナーは、マジック・クアドラント内に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また「リーダー」クアドラント内に位置付けられたベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。マジック・クアドラントの用途はリサーチ・ツールに限定されており、特定の行為に導く意図を有しておりません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。
  • 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
セミナーの開催について

ソフトバンクBB、日本CA、およびニッセイ情報テクノロジーの3社が共同で、「携帯でセキュリティ強化!携帯電話と統合認証基盤で複数要素認証環境を構築 - SyncLock + CA SiteMinder連携ソリューションのご紹介 -」を2月20日(水)に開催いたします。ソフトバンクBBと日本CAによる「SyncLock」および「CA SiteMinder」の概要説明、ニッセイ情報テクノロジーによる「SyncLockとCA SiteMinderの採用による認証強化実装」に関する講演を行います。
セミナーについての詳細は、こちらをご覧ください。なお、2月以降もセミナーを定期的に実施し、本共同ソリューションの認知向上と販売促進を図っていきます。

サービスに関するお客様からのお問い合わせ先

ソフトバンクBB株式会社

「SyncLock」に関するお問い合わせ先 houjin@synclock.jp
「SyncLock」サービスホームページ http://www.synclock.jp/

ニッセイ情報テクノロジー株式会社 基盤ソリューション事業部

「CA SiteMinder」に関するお問い合わせ先 siteminder_info@nissay-it.co.jp
「CA SiteMinder」サービスホームページ http://www.nissay-it.co.jp/solution/se_11.html
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。