SBイノベンチャー株式会社

プレスリリース 2015年

スマートフォンでスポーツ選手などからプライベートレッスンを
受講できる「スマートコーチ」の事業会社設立について~新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」発の事業会社設立~

2015年10月1日
SBイノベンチャー株式会社

ソフトバンクグループで新規事業を手掛けるSBイノベンチャー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:青野 史寛)は、2015年9月より提供しているプライベートスポーツレッスンサービス「スマートコーチ」を運営する新会社「スマートコーチ株式会社」をこのたび設立しましたので、お知らせします。

スマートコーチ株式会社は、プロスポーツ選手や、集合型スポーツスクールのインストラクターなどによるプライベートレッスンを簡単に受講できるサービスの提供により、スポーツを学ぶ全ての方に「新しい上達への近道」を提案することなどをビジョンに掲げています。住んでいる場所や時間の制約などの理由で、スポーツレッスンを受けることができない方にも、自分に合ったコーチによるレッスンの受講機会を提供します。また、初期費用なしで簡単にスポーツレッスンを開講できるプラットフォームを提供することで、スポーツ選手やインストラクターの経験、スキルを生かしたセカンドキャリアを支援するとともに、「新しいアスリートマーケットの創造」を目指し、事業を推進していきます。

なお、スマートコーチ株式会社は、ソフトバンクグループが従業員のアイデアを広く募集して事業化を行う新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」から設立される会社です。代表取締役社長には、ソフトバンクイノベンチャーでスマートコーチを提案し、サービスの事業化に取り組んできた池田 昌人が就任します。また、スマートコーチの共同提案者で元プロアイスホッケー選手の坂田 淳二氏も経営に参画します。

SBイノベンチャー株式会社は、今後もソフトバンクグループ社員のアイデアにより生まれた事業を行う会社を積極的に立ち上げていきます。

スマートコーチ株式会社の会社概要は以下の通りです。

社名(商号) スマートコーチ株式会社
所在地 東京都港区東新橋1-9-2
代表者 代表取締役社長 池田 昌人
主な株主 SBイノベンチャー株式会社
主な事業内容 インターネットを利用したスポーツなどに関する指導サービスおよびソフトウエアの開発、運用、保守など

スマートコーチの詳細は以下よりご覧いただけます。

レッスンの一例

レッスンの一例

ソフトバンクイノベンチャーについて

新しい価値、サービスが次々と生まれる企業風土の醸成を目的に、ソフトバンクグループがグループ企業の全社員を対象に、2011年度より開始した新規事業提案制度です。経営理念の「情報革命で人々を幸せに」を軸に自由なテーマで事業アイデアを募り、複数回の審査を経て、事業化を検討する案件を決定します。審査を通過した案件の事業化は、提案者が主体となって推進します。第1回となる2011年度は、約1,200件の応募のうち、10件が審査を通過しました。2012年度は内定者にも門戸を広げて第2回を実施し、約1,200件の応募のうち7件、2013年度は約1,400件の応募のうち10件、2014年度は約1,200件の応募のうち10件が審査を通過しました。ソフトバンクグループでは、今後も従業員の積極的な新規事業提案を奨励し、チャレンジングな企業風土づくりを推進していきます。
詳細はこちらからご覧ください。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、本プレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。