SBイノベンチャー株式会社

プレスリリース 2016年

ネットショッピング購入商品を早朝・夜間に受け取れる
配送サービス「Scatch!」、
Eコマースサイトとの連携機能について~さらに、配送先地域を東京23区に拡大。今後は深夜・明け方の配送にも対応予定~

2016年1月28日
SBイノベンチャー株式会社

ソフトバンクグループで新規事業を手掛けるSBイノベンチャー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:青野 史寛、以下「SBイノベンチャー」)は、ネットで購入した商品を早朝・夜間の時間帯もしくは24時間から指定した時間に受け取れる配送サービス「Scatch!(スキャッチ!)」※1がEコマースサイトと連携するための機能(API)を提供開始しましたので、お知らせします。これにあわせて、2016年1月28日より、「Scatch!」と連携するEコマースサイトを募集します。

今後、お客さまが「Scatch!」と連携するEコマースサイトで商品を購入する場合、そのEコマースサイト上で「Scatch!」による配送の日時指定ができるようになります※2。また、これに伴い、商品が各物流拠点から「Scatch!」の倉庫を介さず、購入時に指定された住所へ直接、最短即日で届けられるようになります。連携先のEコマースサイトは決まり次第、お知らせします。

また、以下のとおり「Scatch!」のサービスを拡充します。

現在 サービス拡充後
配送時間
  • 午後9時~11時
  • 午前6時~8時
午後9時~翌午前8時※3
(準備でき次第)
配送先地域 東京都港区・品川区・目黒区・渋谷区 東京23区※4
(1月28日より)
商品のサイズ・
重量
5kg以下または3辺合計100cm以下 25kg以下、3辺合計160cm以下※5
(1月28日より)
[注]
  • ※1
    「Scatch!」は、ソフトバンクグループが従業員のアイデアを広く募集して事業化を行う新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」より生まれたサービスで、2015年6月10日より提供しているサービスです。
  • ※2
    「時間ぴったり便!」は対象外です。ご利用には事前に「Scatch!」の会員登録が必要です。
  • ※3
    午前0時~午後6時は2時間間隔で、それ以外は1時間間隔で時間帯を指定できます。また、「時間ぴったり便!」利用時は、これまでどおり24時間から30分間隔で好きな時間を指定できます。
  • ※4
    「時間ぴったり便!」は、配送先が港区・品川区・目黒区・渋谷区の商品のみ対象です。
  • ※5
    配送先を「Scatch!会員専用住所」に指定された場合が対象です。「Scatch!」と連携するEコマースサイトご利用時は、各Eコマースサイト規定のサイズ・重量基準に準じます。
  • 「Scatch!」と連携するEコマースサイトで商品を購入する場合、Eコマースサイトが設定する配送料を商品購入代金とまとめてお支払いいただくだけで「Scatch!」のサービスを利用することができるようになり、お客さまから別途「Scatch!」へ配送料をお支払いいただく事はありません。(2016年2月4日追記)

「Scatch!」サービスサイトURL

「Scatch!」のEコマースサイトとの連携に関するお問い合わせ窓口

ソフトバンクイノベンチャーについて

新しい価値、サービスが次々と生まれる企業風土の醸成を目的に、ソフトバンクグループがグループ企業の全社員を対象に、2011年度より開始した新規事業提案制度です。経営理念の「情報革命で人々を幸せに」を軸に自由なテーマで事業アイデアを募り、複数回の審査を経て、事業化を検討する案件を決定します。審査を通過した案件の事業化は、提案者が主体となって推進します。第1回となる2011年度は、約1,200件の応募のうち、10件が審査を通過しました。2012年度は内定者にも門戸を広げて第2回を実施し、約1,200件の応募のうち7件、2013年度は約1,400件の応募のうち10件、2014年度は約1,200件の応募のうち10件が審査を通過しました。ソフトバンクグループでは、今後も従業員の積極的な新規事業提案を奨励する施策を推進し、チャレンジングな企業風土づくりを推進していきます。
詳細はこちらからご覧ください。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、本プレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。