プレスリリース 2007年

「携帯電話の有害情報から子どもを守ろう!大作戦」の実施
~有害サイトアクセス制限サービス(フィルタリングサービス)の
普及に向けたPRイベントの開催について~

2007年3月22日
社団法人電気通信事業者協会
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
KDDI株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社

社団法人電気通信事業者協会および携帯電話事業者3社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル)は、出会い系サイト等の子どもたちに見せたくない有害サイトへのアクセスを制限する「有害サイトアクセス制限サービス」(フィルタリングサービス)の普及啓発のため、インターネットの適正な利用の推進に取り組んでいる東京都青少年・治安対策本部と共同でPRイベントを以下のとおり開催いたします。

本イベントにおいては、有害情報から子どもを守るための相談などをお受けするほか、子ども向け携帯電話の端末を展示し、「有害サイトアクセス制限サービス」(フィルタリングサービス)などのデモンストレーションを行います。

  1. イベント名称
    「携帯電話の有害情報から子どもを守ろう!大作戦」

  2. 開催日時

    平成19年3月30日(金) 12時から19時まで
    31日(土) 10時から17時30分まで
  3. 開催場所
    新宿駅西口広場イベントコーナー

  4. 主催および後援

    主催: 社団法人電気通信事業者協会【NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル】、東京都青少年・治安対策本部
    後援: 総務省、文部科学省、警察庁、(財)インターネット協会
    共催: アルプス システム インテグレーション(株)
  5. 内容

    • 有害サイトアクセス制限サービス(フィルタリングサービス)をわかりやすく紹介
    • 有害サイトアクセス制限サービス(フィルタリングサービス)に関する相談会の実施
    • 子ども向け携帯電話の展示及びデモンストレーション
    • 有害サイトアクセス制限サービス(フィルタリングサービス)に関するアンケート調査の実施(回答者には粗品を進呈)など
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。