プレスリリース 2007年

第3世代携帯電話契約数が1000万件を突破

2007年8月13日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)では2007年8月11日(土)に、ソフトバンク第3世代(3G)携帯電話契約数が1000万件を突破しました。2002年12月の3Gサービス開始以来、約4年半での達成となりました。

ソフトバンクモバイルでは、「3G携帯電話ネットワークの充実」「3G携帯電話ラインアップの充実」「携帯コンテンツの拡充」「営業体制の充実」の4つを重点課題として掲げ、実現に努めてまいりました。その結果、薄型や多色の携帯電話の供給、「Yahoo!ケータイ」の導入、そして2007年8月1日(水)には4万6000の基地局開局を達成するなど、これまで以上にお客さまに快適にご利用いただける環境を実現し、第3世代携帯電話の契約数を伸ばしてまいりました。

今後も4つの重点課題を推し進め、お客さまにさらなるご満足をいただけるサービス提供に努めてまいります。

以上


  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • *「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。