プレスリリース 2007年

PANTONE®ケータイ「SoftBank 812SH」
大きな文字&使いやすい「GENT(ジェント) 812SH s」をさらに拡充

2007年10月22日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)は、2007年の冬商戦向けラインアップとして、人気機種の「SoftBank 812SH」(シャープ製)を拡充し、12月中旬以降、順次発売します。

「SoftBank 812SH」

「SoftBank 812SH」は、PANTONE®社とのコラボレーションにより、「ファッション」をキーワードに20色のカラーバリエーションを実現し、ソフトバンク携帯のスタンダードモデルとして、現在もご好評をいただいています。今回は、新たにフレッシュな4色を追加し、選べる楽しさをさらに拡大いたしました。

追加カラーバリエーション
フレッシュゴールド、フレッシュグリーン、フレッシュブルー、フレッシュピンク

「GENT SoftBank 812SH sII」

「GENT SoftBank 812SH sII」は、大きく見やすい表記や、分かりやすく押しやすい操作キー(アークリッジキー)を搭載し、使いやすさにこだわった大人向けケータイです。今回は、以下の3点を改善し、さらに表示の「見やすさ」、使い方の「わかりやすさ」を追求いたしました。

親しみやすい日本語表記
メニューの文字表現の多くをより親しみやすい日本語表現に変更し、さらに操作性を向上しました。
例)「プレビュー」する → 「確認」する
表記をさらに大きく
待受画面の電波状態を表すアンテナマークや、電池パック残量を表す電池マークなどのマーク表示が「GENT SoftBank 812SH s」よりもさらに大きく表示されるようになりました。
メニュー画面がさらに読みやすく
これまで、3×4(合計12個)で表示されていたメニューアイコン数を、さらに見やすい3×3(合計9個)の表示に変更し、より読みやすくなりました。

「SoftBank 812SH」のカラーバリエーションと「GENT SoftBank 812SH sII」の詳細は、次ページをご参照ください。

以上


  • *2007年10月22日現在、海外のGSMネットワークでは179の国と地域で音声通話、105の国と地域でインターネット接続サービスの国際ローミングサービスを提供しています。また、海外の3G(W-CDMA方式)ネットワークでは43の国と地域で音声通話、42の国と地域でインターネット接続サービス、35の国と地域で「TVコール」(テレビ電話機能)の国際ローミングサービスを提供しています。
  • *PANTONE Colors displayed here may not match PANTONE-identified standards. Consult current PANTONE Color Publications for accurate color.
  • *PANTONE, the PANTONE Chip Design, Hexachrome are trademarks of Pantone, Inc. in the United States and/or other countries. ©Pantone, Inc., 2007. All rights reserved.
  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。