プレスリリース 2007年

「MoobizSync2.0 for AppExchange / SoftBank Edition」の概要

MoobizSync2.0 for AppExchange / SoftBank Editionは、オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーディングカンパニーである株式会社セールスフォース・ドットコムのSFAサービス「Salesforce」をソフトバンクモバイルの携帯電話からご利用頂けるサービスです。PCを持ち歩くことなく携帯電話で、いつでもどこでも「Salesforce」内のデータを「見る」、「作る」、「消す」事ができます。自由に、よりスピーディに、新しいビジネススタイルを創造できます。

1.対応機種

SoftBank 816SH
  (その他、順次、東芝製、シャープ製のソフトバンクモバイル端末に対応の予定)

提供機能

  • 「Salesforce」の「行動カレンダー」、「取引先」、「商談」、「商品」等標準タブ機能の検索/参照と入力/削除

  • お客様独自で作成されたカスタムタブの検索/参照と入力/削除

  • オフラインサービス利用:ローカルキャッシュしたデータを圏外でも検索/参照/入力/削除することが可能圏外でも利用可能

  • 暗号化(SSL通信)によるオンラインサービス

  • 携帯電話紛失時を想定したトータルセキュリティ(セッションタイムアウト、自動データ削除※2

    [注]
    • ※2 端末紛失時は、各社の登録管理者への通知、及び登録データの抹消作業が必要です。 登録管理者側で登録データの抹消作業終了後、仮に拾得者が故意に利用した場合、「S!アプリ」側から通信を発生させ、利用者として登録されているかどうかをTDC社側システム経由で自動的にチェックし、本サービスの非利用者と認識した場合には携帯内のキャッシュデータを強制的に削除します。

3.サービス価格

1ユーザ: 1,575円/月(税込)
初期ドメイン開設費用: 10,500円(税込)
[注]
  • 別途、「Salesforce」のProfessional Edition以上のご契約が必要です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。