プレスリリース 2007年

「ソフトバンク呼び出し音」サービスの全国導入について

2007年12月5日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)は、北海道などの一部地域で試験導入しておりました「ソフトバンク呼び出し音」について、2008年1月10日(木)より、全国にエリアを拡大してサービスを開始することになりましたので、お知らせいたします。

「ソフトバンク呼び出し音」は、ソフトバンク携帯電話に発信した際に「プルルルルッ、プルルルルッ…」という通常の呼び出し音の前に「プププッ、プププッ、プププッ」という呼び出し音が約2秒間鳴り、着信先がソフトバンク携帯電話か他社の携帯電話かを判別できる※1サービスです。電話をかける際に相手先がソフトバンク携帯電話であることが確認できるので、例えば「ホワイトプラン」に加入しているお客さまであれば、通話料無料※1※2となる1時から21時までの間、たっぷりと通話を楽しむことができます。

今回の全国展開は、2007年8月1日(水)より北海道などの一部地域で試験導入し、多数のお客さまからご支持いただいた結果によるものです。

サービスの詳細は次ページをご参照ください。

[注]
  • ※1 着信先が転送電話を利用している場合は、「ソフトバンク呼び出し音」の有無では、ソフトバンク携帯電話への通話となるか判別できない場合があります。また、「ホワイトプラン」に加入していても、通話料が無料とならない場合があります。
    「ホワイトプラン」などに加入している発信者が国際ローミングサービスを利用している場合、「ソフトバンク呼び出し音」が鳴っても、日本向けの通話料金がかかります。
  • ※2 TVコール・64Kデジタル通信・国際サービスは対象外です。

以上



  • * TVコール、ホワイトプランはソフトバンクモバイル株式会社の登録商標です。
  • * SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。