プレスリリース 2008年

かんたん携帯 SoftBank 821T(東芝製)の概要

1.主な特長(予定)

使いやすさに徹底的こだわり、大きな文字表示で見やすく、操作もわかりやすい
使いやすさを追求し、メニューや電話帳、メール操作時などで大きな文字表示を採用。メインディスプレーの文字以外にも、でかサブ液晶とあらゆる表示を大きく見やすく表示しています。また、メニューの文字表現をよりわかりやすい日本語で表現し、さらに電話帳登録や、メール作成は、画面に表示された手順に従うだけで行うことができるので、はじめての操作でも安心して使えます。
押しやすい大きなボタンに、開きやすいデザインのかんたん携帯
ボディーは手のひらにフィットするように丸みを加え、さらに側面にくぼみを入れることで、持ちやすく開きやすいデザインになっています。また、ボタンには、大きな文字表示の独立キーを採用。テンキーの文字は、数字とひらがなを強調し、押し間違いを減らします。さらに、不在着信や新着メールがあるときに、ボタンが点滅して通知する「光るお知らせボタン」を搭載。光っているボタンを押すだけの簡単操作で、内容を確認することができます。
基本操作を練習しながら学べる操作練習機能を搭載
メニュー操作や文字入力などの基本的な操作を練習しながら学ぶことができる操作練習機能を搭載。操作が正しいかどうかを音で教えてくれるので、楽しみながら操作練習ができます。また、基本操作をひとつずつ解説する操作教本「見ながら覚えるケータイBOOK」が同梱されるので、はじめて携帯電話を使うお客さまでも安心です。

2.主な対応サービス・機能(予定)

  • デコレメール※1
  • 着うたフル®
  • TVコール
  • S! GPSナビ※2
[注]
  • ※1 デコレメールは受信のみ可能です。
  • ※2 S! GPSナビによるルートナビゲーションには対応していません。

3.主な仕様(予定)

通信方式 W-CDMA方式 ※日本国内のみ利用可能
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×102×17.9mm(折りたたみ時、突起部除く)
重さ 約115g
連続通話時間/待受時間 約200分/約400時間(静止状態、折りたたみ時)
ディスプレー メイン 2.4インチQVGA(240×320ドット)
TFT液晶(最大26万色)
サブ 1.2インチ(64×64ドット)STN液晶(モノクロ)
モバイルカメラ
(画素数/タイプ)
メイン 有効画素数196万画素/CMOS(オートフォーカス対応)
サブ 有効画素数32万画素/CMOS
外部メモリー/推奨外部メモリー容量 microSD™カード(別売)/最大2GB
カラーバリエーション シルバー(写真参照)、ピンク、ブラック、ワインレッド、ブルー
[注]
  • 電波を正常に受信できる静止状態での平均的な利用時間です。使用環境、利用場所の電波状態、機能の設定状況などにより、ご利用時間が半分以下になることがあります。

4.発売時期

2008年3月上旬以降

  • *「かんたんケータイ SoftBank 821T」は開発中のため、上記仕様は変更される可能性があります。

かんたんケータイ SoftBank 821T(東芝製)


シルバー
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。