プレスリリース 2008年

VIERAケータイ™「SoftBank 920P」、
防水ケータイ「SoftBank 822T」
2月29日より全国一斉発売

2008年2月28日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)は、春商戦向け新機種「SoftBank 920P」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)、「SoftBank 822T」(東芝製)を、2008年2月29日(金)より全国で発売します。

「SoftBank 920P」は、縦にも横にも開く「W(ダブル)オープンスタイル™」を採用したVIERAケータイ™です。3インチフルワイドVGA液晶を搭載し、横画面でワンセグを快適にお楽しみいただけます※1。また、約5.1メガピクセルオートフォーカスカメラを搭載し、さらに「世界対応ケータイ」として、海外でもいつもの電話機をそのまま利用できるなど※2、多彩な機能を備えています。

「SoftBank 822T」は、IPX5、IPX7相当の防水性能※3により、キッチンや洗面所、バスルームなどでもメールや通話ができる※4、ソフトバンク初の防水ケータイです。ダイヤルキーには大型で押しやすい独立キーを採用し、ディスプレーには2.4インチクリアスクリーン液晶を搭載するなど、防水性能に加えて充実した基本性能を備えています。

各機種の詳細は、次ページをご参照ください。

[注]
  • ※1 ワンセグは、利用環境によってノイズが入ったり、受信できない場合があります。また、USIMカードが取り付けられていない時や、ソフトバンクの契約を解除されている時は、ワンセグを視聴できません。
  • ※2 あらかじめ「世界対応ケータイ」サービスへのお申し込みが必要です。
  • ※3 IPX5:内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から1分あたり約12.5リットルの水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保ちます。
    IPX7:常温で、水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保ちます。
  • ※4 石けん、洗剤、調味料、ジュース、海水など水道水以外のものを、かけたり浸けたりしないでください。また、高温のお湯や冷水に浸けたり、かけたりしないでください。

以上

  • *「Wオープンスタイル」「VIERAケータイ」は松下電器産業株式会社の商標です。
  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。