プレスリリース 2008年

フィルタリングサービス普及に向けた取り組みについて

2008年9月12日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)では、青少年のお客さまが、インターネット接続サービスをより安全にご利用いただけるよう、ソフトバンク3G携帯電話向けに提供している有害サイトアクセス制限サービス(以下、フィルタリングサービス)として、「ウェブ利用制限」※1と「Yahoo!きっず」※2(いずれも月額使用料無料)※3を提供しております。従来より、フィルタリングサービス普及に向けた取り組みを行ってまいりましたが、さらなる利用促進のため、以下の施策を実施します。

1. 18歳未満の既存契約者へのフィルタリングサービスの利用意思確認の実施

ソフトバンク3G携帯電話契約者のうち、18歳未満でフィルタリングサービスをご利用いただいていないお客さまに対し、フィルタリング加入に関するご案内を実施し、「フィルタリングサービスの利用意思なし」との申告がない場合、「ウェブ利用制限」を適用します。ご利用の意思がない場合は、ソフトバンクショップにてお申し込みいただき、その際は、親権者の同意が必要となります。2008年10月より複数回ご案内し、2009年1月末までにご申告がないお客さまに対し、2月より順次「ウェブ利用制限」を設定します。
また、18歳以上のご契約者であっても18歳未満のお客さまがご利用される可能性もあることから、18歳以上のご契約者に対しては、請求書同封物、ダイレクトメール、SMS等での案内を通じて、フィルタリングサービスのご利用を推奨します。

2. 「ウェブ利用制限」への第三者機関による認定サイトの反映

現在、「ウェブ利用制限」において閲覧できないサイトのうち、「有限責任中間法人 モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)」が認定制度に基づいて認定したサイトは閲覧が可能となるよう、2009年1月末より設定を変更します。

今後もソフトバンクモバイルでは、フィルタリングサービスのさらなる普及と拡充に向けて、取組みを進めてまいります。

[注]
  • ※1「ウェブ利用制限」は、ネットスター株式会社のURLリスト分類基準に基づき、特定のURLへのアクセスを制限する機能です。対象となるカテゴリーは、次の通りです。不法、主張、アダルト、セキュリティー、出会い、ギャンブル、成人嗜好、コミュニケーション、グロテスク、オカルト。また「ウェブ利用制限」をご利用いただくと、一部アクセスできなくなる公式コンテンツがあります。
  • ※2「Yahoo!きっず」は、ソフトバンク3G携帯電話を利用するお子さまに安心・安全なコンテンツのみを提供する子ども向けポータルサービスです。フィルタリング機能によって、あらかじめ「Yahoo!きっず」に登録されたコンテンツにのみアクセスが可能となります。
  • ※3「ウェブ利用制限」、「Yahoo!きっず」のご利用にあたっては、「S!ベーシックパック」(月額使用料315円)への加入が必要です。
有害サイトから子供を守る!

ソフトバンクモバイルは、社団法人電気通信事業者協会が実施している、フィルタリングサービスをより多くの方に知っていただくためのPRキャンペーンに参画しています。ソフトバンクモバイルでは、青少年の健全な育成を図るため、関係する事業者や団体と連携し、今後もフィルタリングサービスのさらなる普及啓発に向けた取り組みを実施してまいります。

  • *「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。
  • *「S!ベーシックパック」はソフトバンクモバイル株式会社の登録商標です。
  • *「Yahoo!きっず」はヤフー株式会社の協力により提供します。
  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。