プレスリリース 2009年

1.5GHz帯におけるLTEシステムの実験試験局免許を申請

2009年8月21日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、本日、「ユビキタス特区」プロジェクトとして、総務省へ1.5GHz帯を用いたLTEシステムの実験試験局の免許を申請しましたのでお知らせいたします。本実験免許の交付を受け次第、福岡県北九州市八幡東区内でフィールド実証実験を開始します。

LTEは、無線伝送方式としてOFDM※1を、空間多重方式としてMIMO※2を用いることにより、3.5世代携帯電話の方式の一つであるHSDPAに比べて大幅なパフォーマンスの向上が図れる無線通信方式です。今回の実験では、1.5GHz帯を用いたLTEフル仕様に準拠する双方向の実証実験に加えて、複数の基地局装置を一ヶ所に集中して設置し、基地局アンテナだけをビルの屋上に配置する「光張出し基地局構成」の基礎実験や、隣接する基地局が協調して携帯電話と送受信を行う「複数基地局協調伝送方式(ECO-LTE※3)」の基礎実験を併せて実施します。

実証実験概要

実験期間 免許交付日から2010年3月31日
実験エリア 福岡県北九州市八幡東区内
実験用基地局数 3局
実験内容
  1. 無線伝送特性実験

  2. 光ファイバを用いた光張出し基地局構成の基礎実験

  3. 複数基地局協調伝送方式の基礎実験など


実証実験の特徴

なお、本実証実験は、北九州市や財団法人九州ヒューマンメディア創造センター様のご協力を得て実施します。

ソフトバンクモバイルは、LTEシステムに関するさまざまな実証実験を実施してまいりましたが、本実験を通じて取得したノウハウや測定データを活用することで、商用サービスに向けた準備をさらに進めるとともに、ワイヤレスブロードバンドにおける通信技術の向上を図り、日本および世界におけるユビキタス社会の発展に貢献していきたいと考えております。

[注]
  • ※1Orthogonal Frequency Divison Multiplexing。直交周波数分割多重方式。地上デジタル放送などで用いられる変調方式。
  • ※2Multiple Input Multiple Output。送受信に複数のアンテナを用いて伝送速度(スループット)や伝送品質を向上させる無線通信技術。
  • ※3Enhanced COoperative(ECO)-Long Term Evolution(LTE)。 隣接する基地局などの複数の基地局間で協調して端末に信号を送信することによりセル端での伝送速度(スループット)向上を図る技術(ECO)をLTEに適用した、当社での基礎実験システム名称。
  • *ECO-LTEはソフトバンクモバイル株式会社の商標です。
  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • *
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。