プレスリリース 2010年

スターバックス コーヒー店舗内で高速通信が可能な
公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」が利用可能に ~6月1日から、順次全国へ拡大~

2010年5月17日
スターバックス コーヒー ジャパン株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役最高経営責任者(CEO):岩田 松雄)とソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:孫 正義)は、ソフトバンクテレコム株式会社の協力のもと、全国のスターバックス コーヒー店舗内において、ソフトバンクモバイルの公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fi(ワイファイ)スポット」を2010年6月1日(火)より開始します。

これにより、「ソフトバンクWi-Fiスポット」に対応するiPhone™やiPad™、ケータイWi-Fi対応機種が、全国のスターバックス コーヒー店舗においてより快適にご利用いただけるようになります。これらの先進的な機種を利用するお客さまの中には多くのスターバックス カスタマーも含まれており、店舗での時間の過ごし方の多様化、利便性・満足度の向上に寄与すると考えています。

本サービスは、首都圏を中心に開設準備の整った店舗(当社Webサイト参照)から開始し、その範囲を本年8月末までに約500店舗まで拡大する予定です。その後も順次、全国のスターバックス コーヒー店舗に展開してまいります。「ソフトバンクWi-Fiスポット」の導入店舗に関しては、サービス開始にあわせて6月1日よりオープンするWebページで確認することができます。

今後もスターバックス コーヒー ジャパンは、「サードプレイス(家庭、職場・学校などに次ぐ第3の生活拠点)」として、お客さまのニーズを満たし、さらに付加価値のあるサービスをご提供できるよう、スターバックス エクスペリエンスの向上に努めてまいります。 ソフトバンクモバイルは今後も、様々な企業などと連携し、「ソフトバンクWi-Fiスポット」の利用可能なエリアを拡大してまいります。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」とは

ステッカー

JRの主要駅や空港、カフェなどを中心に全国で利用できる、ソフトバンクモバイルが提供する公衆無線LANサービスです。iPhone™やiPad™、ケータイWi-Fi対応機種で、簡単な設定を行うだけでWi-Fiを利用した高速通信が可能です。「ソフトバンクWi-Fiスポット」が使えるスターバックス コーヒー店舗は、このステッカーが目印です。

  • *本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。