プレスリリース 2010年

「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供開始~「萩・情報維新プロジェクト」の一環として、公衆無線LANサービスを市内に導入~

2010年11月22日
山口県萩市
ソフトバンクモバイル株式会社

山口県萩市とソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンクテレコム株式会社の協力の下、萩市役所のロビーにソフトバンクモバイルの公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fi(ワイファイ)スポット」を導入することとなりましたのでお知らせいたします。今後、萩市内の宿泊施設、官公庁施設、観光地周辺店舗を中心に、年度内に市内約100ヶ所、来年度には市内約200ヶ所まで設置個所を増やしてまいります。

明治維新胎動の地として、吉田 松陰をはじめとする多くの偉人を輩出した萩市は、観光振興、文化教育振興、情報通信基盤の整備、および、2004年から実施してきた「萩まちじゅう博物館」をさらに推進するため、「萩・情報維新プロジェクト」と冠した事業を推進していくことになりました。「ソフトバンクWi-Fiスポット」は、本事業の一環として導入するものです。明治維新胎動の地・萩から全国に対し、地域の情報革命の狼煙を上げる事業として、観光客にとって利便性ある街づくり、および新たな観光サービス創出の基盤整備に取り組んでまいります。

ソフトバンクモバイルは、全国の様々な自治体と連携し、「ソフトバンクWi-Fiスポット」の利用可能なエリアを拡大してまいります。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」とは

「ソフトバンクWi-Fiスポット」は、JRの主要駅や空港、カフェなどを中心に全国で利用できる、ソフトバンクモバイルが提供する公衆無線LANサービスです。今回、萩市内の宿泊施設、官公庁施設、観光地周辺店舗に「ソフトバンクWi-Fiスポット」を導入することにより、iPhoneやiPad、ケータイWi-Fi対応機種がより快適にご利用いただけるようになります。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。