プレスリリース 2011年

だれでも手軽に利用可能なホームセキュリティ
「みまもりホームセキュリティ」を開発~月額基本使用料490円の専用料金プランで利用可能~

2011年9月29日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、留守中や在宅時などに自宅や家族をみまもる、通信機能付き「みまもりホームセキュリティ SoftBank 101HW」(Huawei製、以下「みまもりホームセキュリティ」)を開発し、2012年1月下旬以降に発売します。

「みまもりホームセキュリティ」(Huawei製)の概要

1. 主な特長(予定)

月額基本使用料490円※1の手軽な価格で利用可能
だれでも手軽に利用可能な通信機能付きホームセキュリティ。月額基本使用料490円※1の手軽な価格で留守中や在宅時の防犯対策として利用可能です。また、「みまもりホームセキュリティ」を遠隔で一括設定やオールリセットが可能な法人オプションサービス※2を、月額使用料315円で提供します。
[注]
  • ※1「みまもりホームセキュリティ専用プラン」にて、「みまもりホームセキュリティ専用2年契約」(2年単位の契約/自動更新)へご契約をいただいた場合。また、更新月(契約期間満了の翌請求月・初回のみ翌々月を含む2カ月間)以外の解約などには契約解除料9,975円が必要です。なお、「みまもりホームセキュリティ専用2年契約」未加入の場合、基本使用料は月額980円になります。
  • ※2別途「みまもりホームセキュリティ専用プラン」へのご加入が必要です。また、法人名義のご契約のみお申込みいただけます。
工事不要で簡単に設置できる
本体に3G回線を搭載しているので配線工事などの必要なく、開閉センサーをドアや窓に取り付け、本体を玄関などに設置するだけですぐに利用可能。賃貸マンションやアパートでも簡単に導入できます。
ボタンを押すだけの簡単操作
本体前面に大きなボタンを配置したシンプルなデザインを採用し、外出時にボタンを押すだけの簡単な操作で留守中の自宅をみまもることができます。外出時にセンサーが異常を検知すると、大音量アラームで侵入者を威嚇し、「異常通知メール(SMS)」を事前に指定した携帯電話(最大20件)へ送信することができます。また、SMSを受信できる携帯電話であれば、ソフトバンク携帯電話以外の電話番号を登録することも可能です。
緊急地震速報、あらかじめ指定した携帯電話からの遠隔操作にも対応
緊急地震速報に対応しているほか、子どもの帰宅確認や離れた家族の安否確認にも利用可能です。また、事前に指定した携帯電話から「みまもりホームセキュリティ」の状態を取得するなどの遠隔操作を行うことも可能です。

2. 主な仕様(予定)

サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 120×120×25mm/約350g
センサー 検知方式 マグネット式開閉センサー
センサー検知可能範囲 100m(見通し距離)
最大登録個数 本体1台に対し、センサーとリモコンが合計16個まで登録可能
セット内容 本体、開閉センサー(1個)、リモコン、ACアダプタ、電池パック
電源・バッテリー ACアダプタ式
[注]
  • 通常時はACアダプタによる給電方式。非常用の電池パックを搭載しているため、停電時など電源供給が一時的に停止した場合にも一定期間は利用可能

みまもりホームセキュリティ専用プランの概要

基本使用料 490円/月※1
携帯電話/スマートフォンとの送受信料 無料※2
[注]
  • ※1「みまもりホームセキュリティ専用プラン」にて、「みまもりホームセキュリティ専用2年契約」(2年単位の契約/自動更新)へご契約をいただいた場合。また、更新月(契約期間満了の翌請求月・初回のみ翌々月を含む2カ月間)以外の解約などには契約解除料 9,975円が必要です。なお、「みまもりホームセキュリティ専用2年契約」未加入の場合、基本使用料月額980円になります。
  • ※2ソフトバンク携帯電話/ディズニー・モバイル携帯電話宛以外へのSMS送信には送信料(3.15円/通)がかかります。

3. 発売時期

2012年1月下旬以降

みまもりホームセキュリティ SoftBank 101HW(Huawei製)

みまもりホームセキュリティ SoftBank 101HW
SoftBank 101HW
[注]
  • ご利用いただくためには専用USIMカードが必要です。
  • * SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • *その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • * 「101HW」は開発中のため、上記仕様は変更される可能性があります。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。