プレスリリース 2012年

次世代高速データ通信サービスの
スマートフォンへの展開について~対応スマートフォン向けに、月額5,985円のパケット定額サービスを提供~

2012年4月2日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、次世代高速データ通信サービスを2012年秋以降に提供開始します。次世代高速データ通信サービス対応のスマートフォン向けには、月額5,985円※1のパケット定額サービスを提供する予定です。

次世代の高速データ通信サービスは、AXGP(Advanced eXtended Global Platform)※2に加え、新たにFDD-LTE(Frequency Division Duplex Long Term Evolution)を展開します。FDD-LTEを利用した高速データ通信サービスは、2012年秋以降にネットワークの稼働を予定しており、対応エリアは全国の主要都市から順次拡大していきます。

今後は、次世代の高速データ通信サービスに対応するスマートフォンのラインアップを充実させていきます。なお、タブレット端末などにも、同額の利用料金で提供する予定です。

[注]
  • ※1毎月ご利用のデータ量が7GBを超えた場合、請求月末まで通信速度を送受信最大128Kbpsに制限いたします。別途お申し込みいただくことで制限なくご利用いただくことができます。(7GB超過後、2GBごとに2,625円かかります)
  • ※2AXGPを利用した高速データ通信サービスは現在、札幌市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市およびその周辺都市でサービス提供しており、2012年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を99%まで拡大する予定です。
  • SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。