プレスリリース 2012年

阪神電車の一部駅構内および阪神甲子園球場で
「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供開始

2012年4月16日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、2012年4月23日(月)より、阪神電気鉄道株式会社の一部駅構内および阪神甲子園球場において「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供開始します。今後は全駅に順次拡大してまいります。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」は、駅や空港、カフェなどを中心に全国で利用できる、ソフトバンクモバイルが提供する公衆無線LANサービスです。今回の提供エリア拡大により、阪神電車の駅構内などにおいても、iPhoneやiPad、スマートフォン、ケータイWi-Fi対応機種が、より快適にご利用いただけるようになります。

ソフトバンクモバイルは、今後もさまざまな鉄道事業者と連携し、「ソフトバンクWi-Fiスポット」の利用可能なエリアを拡大してまいります。

[注]
  • 2012年4月23日時点で本サービスを提供する阪神電車の駅は次のとおりです。
    梅田、野田、千船、杭瀬、大物、武庫川、鳴尾、甲子園、今津、西宮、芦屋、住吉、新在家、岩屋、西九条の各駅構内
  • 駅改良工事などにより、一部の駅構内で利用できない場合があります。
  • ご利用のSSID(ESSID)は、「0001softbank」となります。
  • Apple、Appleのロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • ケータイWi-Fiは、ソフトバンクモバイル株式会社の登録商標または商標です。
  • SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。