プレスリリース 2012年

NTTファイナンス株式会社による料金請求・回収業務の統合に係る
要望書の提出について

2012年6月28日
イー・アクセス株式会社
株式会社ケイ・オプティコム
KDDI株式会社
株式会社ジュピターテレコム
ソフトバンクテレコム株式会社
ソフトバンクBB株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社
社団法人 日本ケーブルテレビ連盟
(五十音順)

弊社共は、更生会社 株式会社ウィルコム、株式会社STNet、株式会社エネルギア・コミュニケーションズ、沖縄通信ネットワーク株式会社、関西ブロードバンド株式会社、九州通信ネットワーク株式会社、Knet株式会社、彩ネット株式会社、中部テレコミュニケーション株式会社、株式会社ティエイエムインターネットサービス、東北インテリジェント通信株式会社、株式会社新潟通信サービス、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社、北陸通信ネットワーク株式会社、北海道総合通信網株式会社、株式会社マイメディア、UQコミュニケーションズ株式会社を代表して、本日(平成24年6月28日(木))、総務大臣に対し、NTTファイナンス殿による料金請求・回収業務の統合に係る要望書を提出いたしましたので、お知らせいたします。

東日本電信電話株式会社殿及び西日本電信電話株式会社殿、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ殿、並びにエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社殿の料金の請求・回収業務のNTTファイナンス殿による統合については、平成24年3月23日(金)に、総務省殿から上記NTTグループ各社に対し行政指導が発出され、NTTグループ各社に一定の措置を講じること、及び当該措置内容を毎年度報告することが要請されましたが、当該報告内容や検証結果、検証に係る判断基準等が未だ公開されていないことから、可能な限り速やかに公開することで、本件に係る公正競争上の課題について広く認識を深めると共に、外部検証性を確保して頂けるよう、要望書を提出いたしました。
また、本施策については審議会等の場において定期的・永続的に十分な検証を行うこと、今後新たにNTTグループの統合等に係る施策が検討される場合に備え、事前に審議、検証することも、併せて要望しております。

提出した要望書は別紙のとおりです。

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。