プレスリリース 2012年

手のひら静脈ハイブリッド認証ソフトウエアの共同開発に成功~世界初!専用装置不要でスマートフォンなどのカメラで
手のひら静脈を利用した認証が可能に~

2012年8月28日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:孫 正義、以下「ソフトバンクモバイル」)は、知能画像処理技術の開発などを行う、ユニバーサルロボット株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:岩田 英三郎、以下「ユニバーサルロボット」)と共同で、世界で初めてスマートフォンなどのカメラで、静脈と掌紋を同時に抽出して手のひら静脈から認証可能なハイブリッド型の個人認証ソフトウエアの開発に成功しました。これにより、専用装置を使用せずに、スマートフォンなどのカメラを利用した、汎用的な手のひらの静脈による個人認証が実現します。

近年、なりすましなどによる被害防止のため、利用者の生体情報を利用して個人認証を行う技術の普及が進んでいます。ソフトバンクモバイルとユニバーサルロボットは、誰もが安心・安全にインターネットを利用できる環境構築を目的に、共同で手のひら静脈ハイブリッド認証ソフトウエアの開発を進めてきました。

従来の手のひら静脈認証には、静脈を検出するための赤外線を用いた専用装置が必要でしたが、このたびの開発においては、可視光を利用した独自の静脈検出アルゴリズムを搭載することにより、スマートフォンやスマート家電などに搭載されているカメラによる、手のひら静脈の認証を可能とします。さらに、今回の認証技術は、可視光を利用して取得した手のひらの画像から、静脈と掌紋の形状を同時に抽出するハイブリッド認証を取り入れた、世界で唯一のテクノロジーです。体内情報である静脈の形状はなりすましや偽造が難しい一方で、手のひらの表層情報である掌紋の形状は情報を取得することが容易なため、これらを組み合わせることにより、より高精度で安定した認証を実現します。

この手のひら静脈ハイブリッド認証ソフトウエアをアプリケーションとして、スマートフォンなどに搭載することで、カメラさえあれば、いつでもどこでもインターネットサービスの各種認証やネットバンキングなどの決済認証まで、安全な認証を実現できるようになります。

ソフトバンクモバイルとユニバーサルロボットは、この手のひら静脈ハイブリッド認証ソフトウエアのスマートフォン上での個人生体認証デバイスとしての可能性を追求して技術開発を進め、2012年度中の製品化を目指します。

[注]
  • 2012年8月27日時点。当社調べ。
  • SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。