プレスリリース 2012年

PhotoVision TV SoftBank 202HW(Huawei製)の概要

1. 主な特長(予定)

世界初※1、地デジを楽しめるフルセグ搭載の3G通信機能付きデジタルフォトフレーム
地上デジタルテレビ放送を楽しむことができるフルセグ搭載の3G通信機能付きデジタルフォトフレーム。ボタンひとつの簡単操作で、スライドショーとテレビを切り替えることができます。また、付属のリモコンを利用してテレビ番組の録画が可能。SDカード(別売)にも録画ができます。さらに、あらかじめ設定した時間にテレビを自動でオン・オフする機能を搭載し、就寝や起床する際などに便利に利用できます。
防水対応、バッテリー内蔵で持ち運び自由
IPX5※2の防水に対応。さらにバッテリーを内蔵しているので、家中どこにでも持ち運ぶことが可能で、お風呂で録画した映画を楽しんだり、キッチンで料理番組を見ながら料理することもできます。
「緊急速報メール」や天気予報など便利で安心な機能も搭載
「災害・避難情報」や「緊急地震速報」を受信できる「緊急速報メール」に対応。天気予報やカレンダー、時計などの情報を表示する機能も搭載しています。また、人感センサーを搭載し、省エネを実現。人が前にいない場合は画面を自動でオフに、再度人が前にくると画面を自動でオンします。
[注]
  • ※1Huawei社調べ。2012年8月31日時点。
  • ※2IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、電話機としての機能を有することを意味します。

2. 主な仕様(予定)

通信方式 W-CDMA方式
[注]
  • 日本国内でのみ利用可能
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約231.4×159.1×23.5mm(突起部除く)/728g(本体のみ)
ディスプレー 約9.0インチワイドVGA(480×800ドット)TFT液晶(約1,670万色)
テレビ連続視聴時間
(バッテリー使用時)
約1.5時間
テレビ視聴 フルセグ、ワンセグ
テレビ録画 本体、SDHCカード
録画時間 本体 フルセグ(高画質) 約2.5時間
フルセグ(低画質) 約9時間
ワンセグ 約12時間
SDカード(32GBの場合) フルセグ(高画質) 約29時間
フルセグ(低画質) 約102時間
ワンセグ 約135時間
対応ファイル形式 静止画 JPEG、GIF、BMP、PNG
動画 MP4、3GP、MOV
音声 MP3、WAV、MIDI、Ogg、m4a
内部メモリー容量 約2.5GB
外部メモリー/推奨容量 SDHCカード(別売)/最大32GB
カラーバリエーション ホワイト、ブラック

3. 発売時期

2012年12月下旬以降

PhotoVision TV SoftBank 202HW(Huawei製)

PhotoVision TV SoftBank 202HW
SoftBank 202HW
ホワイト
  • PhotoVisionはソフトバンクモバイル株式会社の登録商標または商標です。
  • 「202HW」は開発中のため、上記仕様は変更される可能性があります。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。