プレスリリース 2012年

東京メトロ一部路線における携帯電話のサービスエリア拡大について~丸ノ内線および日比谷線において携帯電話の利用可能エリアが拡大、さらに便利に~

2012年11月7日
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
KDDI株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社
イー・アクセス株式会社

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、イー・アクセス株式会社は、以前より、携帯電話のサービスエリア品質の改善を目的に共同でエリア整備を進めていますが、既に一部区間でサービスを提供している東京メトロ丸ノ内線および日比谷線において、携帯電話サービスのエリアを拡大します。

このたびのエリア拡大により、該当区間において駅構内だけではなく、各駅間のトンネル内におきましても携帯電話によるインターネット接続およびEメールの送受信ができるようになります。

新たに利用可能となる路線

区間 サービス提供開始日
丸ノ内線(新中野駅~荻窪駅) 2012年11月12日(月)正午
日比谷線(築地駅~日比谷駅) 2012年11月15日(木)正午

(ご参考)既にご利用可能な路線

  • 銀座線(神田駅~銀座駅)
  • 丸ノ内線(茗荷谷駅~淡路町駅)
  • 日比谷線(日比谷駅~中目黒駅)
  • 千代田線(綾瀬駅~湯島駅)
  • 南北線(市ケ谷駅~赤羽岩淵駅)

車内では、これまでどおり携帯電話での通話はご遠慮いただき、優先席付近では電源をお切りください。

各社は、今後もサービスエリアを順次拡大し、2012年度中に東京メトロ全線でご利用いただけるよう準備を進め、お客様へのサービス向上に努めてまいります。

[注]
  • 連絡線の設置工事を行っている有楽町線・副都心線小竹向原~千川駅間については、2016年度中に拡大予定です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。