プレスリリース 2012年

「AQUOS PHONE Xx 203SH」に新世代ディスプレー「IGZO」を搭載

2012年12月11日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、2013年3月上旬以降に発売予定のスマートフォン「AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス) SoftBank 203SH」(シャープ製)に、新世代ディスプレー「IGZO(イグゾー)」を採用します。

「IGZO」は、光の透過率を高めるとともに消費電力を大幅に抑え、画面の明るさと電池消費量の低減を両立したシャープの新世代ディスプレーです。今回、大画面・高画質でありながら、ニーズの高い長時間の電池持ちを実現できるディスプレーとして、「AQUOS PHONE Xx 203SH」に搭載することが決まりました。

「AQUOS PHONE Xx 203SH」の主な特長

  • 高画質と省電力を実現した新世代ディスプレー「IGZO」を搭載
  • 下り最大76Mbpsの高速通信「SoftBank 4G」に対応、1.5GHzクアッドコアCPUを搭載
  • トリプル手ぶれ対策を採用した高性能な1,630万画素カメラを搭載
  • 防水・防じん対応、赤外線、ワンセグ、NFC、大容量2,200mAhのバッテリー搭載など充実の性能
[注]
  • ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。また、3Gエリアで利用する場合、地域によって最大通信速度は異なります。
AQUOS PHONE Xx SoftBank 203SH
  • SoftBank 4Gは、第3.5世代移動通信システム以上の技術に対しても「4G」の呼称を認めるという国際電気通信連合(ITU)の声明に基づきサービス名称として使用しています。
  • AQUOS PHONE、Xx、IGZO、イグゾーは、シャープ株式会社の商標または登録商標です。
  • SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。