プレスリリース 2013年

「ダブルLTE」の提供開始について~本日から、SoftBank 4G LTE対応機種でイー・アクセスのLTE網が利用可能に!~

2013年3月21日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社は、SoftBank 4G LTE対応機種でイー・アクセス株式会社のFDD-LTEネットワークが利用可能になる「ダブルLTE」を3月21日より提供します。

「ダブルLTE」によって、ソフトバンクモバイルが2.1GHz帯で展開するFDD-LTEのネットワークに加え、イー・アクセスが1.7GHz帯で展開しているFDD-LTEのネットワークを、SoftBank 4G LTEに対応するスマートフォンなどで利用できるようになります。「ダブルLTE」では、混雑状況に応じて自動的に最適なネットワークを選択するため、より安定した快適なLTEの通信サービスをお客さまに提供できるようになります。

なお、「ダブルLTE」は都内の一部地域から開始し、全国に順次拡大していきます。「ダブルLTE」によって、2014年3月末にはSoftBank 4G LTEに対応した基地局が3.8万局になる予定です。

ソフトバンクグループでは、今回開始する「ダブルLTE」だけでなく、イー・アクセスのEMOBILE LTE対応スマートフォンを、今夏以降にソフトバンクモバイルの3Gサービスエリアでも利用可能にするなど、今後もグループのシナジーを生かしてお客さまの利便性向上に向けて取り組んでいきます。

記者説明会「スマホ時代のネットワークNo.1へ」


  • SoftBank 4G LTEは、第3.5世代移動通信システム以上の技術に対しても4Gの呼称を認めるという国際電気通信連合(ITU)の声明に基づきサービス名称として使用しています。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。