プレスリリース 2016年

ネットワーク仮想化技術を採用した統合VPNサービスの
機能拡充について~アクセス回線の各種設定をオンデマンド操作できる機能を提供開始~

2016年11月24日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、ネットワーク仮想化技術のSDN※1/NFV※2技術を採用した統合VPNサービス「ホワイトクラウド SmartVPN」(以下「SmartVPN」)において、拠点側設備で提供していたCPE(通信機器)などの一部機能を閉域網サービスとして提供するほか、アクセス回線のルーティング変更やアクセス制御などの設定を専用ポータル「SmartVPN Web」からオンデマンド操作できるサービスを2016年11月24日から開始します。

[注]
  • ※1
    ネットワークをソフトウエアによって統合的に管理、制御すること。
  • ※2
    仮想化技術で専用ハードウェアを利用せず汎用サーバー上でネットワーク機能を実現すること。

今回のサービスでは、お客さま側の設備であるCPEで提供していたアクセスリストやDHCPサーバーなどの機能を仮想的に実装し、ネットワークサービスとして提供することによって拠点側での通信機器の設置が不要となるため、通信機器構成の簡素化のほか、運用、保守のコスト削減や工数軽減が可能になります。また、拠点の統廃合時などに必要なネットワークの切り替え作業においても、IPアドレスの割り当てやセキュリティーなどの機能の追加、削除、変更がSmartVPN Webからオンデマンドで迅速に操作できるため、各拠点でのネットワーク運用の効率化が実現できます。

「SmartVPN」機能拡充について

1. ネットワークサービスとして提供する機能

  • アクセスリスト設定機能
  • ルーティング設定機能
  • DHCPサーバー機能
  • ネットワーク専用ポータルでのオンデマンド設定機能

2. 対象回線サービス

ソフトバンクが提供するL3閉域ネットワークサービス

[注]
  • 一部サービスは対象外です。

3. サービス概要図

サービス概要図

ソフトバンクでは2015年7月にSDN/NFV技術の導入開始を発表し、SmartVPNにおいて閉域ネットワークとインターネットをつなぐゲートウェイやパブリッククラウド接続帯域のオンデマンド設定などを順次サービス化してきました。今回新たに拠点向けアクセス回線の制御機能が加わったことで、企業ネットワーク全般でサービスラインアップが揃いました。SmartVPNはSDN/NFV技術を活用した統合的なネットワークサービスを提供することで、お客さまのさらなる利便性向上につなげていきます。

「SmartVPN」の詳細およびお客さまからのお問い合わせについてはこちらをご参照ください。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、本プレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。