プレスリリース 2016年

IoT製品を開発する日本企業の米国進出をサポートする
取り組みを開始

2016年11月29日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、店舗の在庫状況などをリアルタイムに把握できる仕組みをメーカーに提供する新しい形の小売業を行う「b8ta(ベータ、本社:米国カリフォルニア州、代表:Vibhu Norby)」と連携し、2016年11月30日より、IoT商品を開発する日本企業の米国進出をサポートする取り組みを開始します。

「b8ta」は80以上のさまざまな革新的な新商品を展示・販売する企業です。今回、b8taと連携し、米国で自社のIoT商品を販売したい日本企業をb8taに紹介するなど、米国進出に向けたサポートを行います。さらに、米国で商品を販売するのに必要な認証取得や、英語のホームページ作成などを円滑に進めるためのパートナーを紹介します。また、b8taを通じて日本でIoT商品を販売したい米国企業の紹介を受け、新しいIoT商品などの開発・普及を目指すプロジェクト「Future Marketing Unit」を通じて、ソフトバンクショップで展示・販売を行う予定です。今回の取り組み開始に伴い、企業からの問い合わせフォームを開設します。

企業からの問い合わせフォーム

Future Marketing Unitについて

Future Marketing Unitは、動画や実機を使った体験型の展示を行い、新しいIoT商品などの開発・普及を目指すプロジェクトです。現在5店舗のソフトバンクショップに専用のコーナーを設けて最新のIoT製品などを展示・販売し、商品に対するお客さまの声を集めています。

b8taについて

b8taは米国で店舗の在庫状況などをリアルタイムに把握できる仕組みをメーカーに提供する新しい形の小売業を行っており、米国のGoogle 傘下でサーモスタットなどを開発しているNest labs出身者のVibhu Norby(CEO)、William Mintun(COO)、Phillip Raub(CMO)によって2015年に設立されました。b8taは、お客さまが新商品を発見したり、試して理解できるよう、商品のメーカーが扱いやすいシンプルな販売システムを提供しています。b8taの本社はカリフォルニア州サンフランシスコで、パロアルトとサンタモニカおよびワシントン州シアトルで店舗を運営しています。

  • Future Marketing Unitはソフトバンク株式会社の登録商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。