プレスリリース 2016年

JR東日本グループが提供する交通系ICカードに対応した交通費精算サービスと連携 経費精算・旅費精算サービス「皆伝!ワークフロー」による
交通系ICカードに対応する交通費精算機能の提供開始について

2016年12月13日
スミセイ情報システム株式会社
ソフトバンク株式会社
株式会社ジェイアール東日本企画

皆伝! × transit manager

スミセイ情報システム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:下村 弘之)は、経費精算・旅費精算サービス「皆伝!ワークフロー」において、株式会社ジェイアール東日本企画(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原口 宰)が提供する交通系ICカードに対応した交通費精算サービス「transit manager(トランジット・マネージャー)」と連携する新たな精算サービス機能の提供を2017年3月から開始します。

「皆伝!」シリーズは、2005年のリリース以来、業種を問わず大企業を中心に多くのお客様にご利用を頂いております。今回の新しい精算サービス機能は、「transit manager」の販売を担当するソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙)とのシステム連携によって実現するものです。本機能のリリースにより、旅費精算業務の手間を削減できるだけでなく、承認者や経理担当者のチェック作業も大幅に削減でき、申請データの二重取り込み防止など、お客様の業務効率の更なる改善を実現します。

イメージ図

イメージ図

なお、今回提供を開始する精算サービスは、株式会社NTTデータイントラマートが販売・提供する「intra-mart Accel Kaiden!」との連携サービスでも提供予定です。

経費精算・旅費精算「皆伝!ワークフロー」について

皆伝!ロゴ

「皆伝!」シリーズは、経費精算、旅費精算、人事・総務申請、勤務管理、マイナンバーのためのWebワークフローシステムで、会計システム、人事・給与システムのフロント業務システムとして、内部統制の強化や業務効率の向上を実現します。以下の特長があります。

  • グローバル

    多言語・多通貨に対応し、複数の国や地域にまたがり活動するグローバル企業での利用に適します。

  • グループ企業での利用に対応

    マルチテナントに対応し、複数の子会社を含めたグループ企業で利用でき、業務の効率化を支援します。

  • 交通費精算、出張業務をサポート

    経路検索ソフトや交通系ICカードとの連携により、旅費精算業務の利便性と正確性を高め、効率化を実現します。電子帳簿保存法におけるスキャナ保存制度の要件緩和にも対応しています。
    また、出張手配サービスやコーポレートカードデータとの連携機能も提供予定です。

  • 経費、勤務、原価工数の見える化の実現

    基幹システムと管理項目を連携して入力することで、各種経費の使用状況や予算消化状況、部門ごとの勤務状況、作業工数などを管理します。

transit manager(トランジット・マネージャー)について

transit manager ロゴ

transit managerは、Suicaなどの交通系ICカードを用いて乗車した鉄道やバスなどの利用実績から、交通費として申請するデータを選択して集計する業務用ソリューションです。本サービスの利用者は、業務で利用した交通系ICカードを、オフィスに設置した端末や、PaSoRi(ソニー社製非接触ICカードリーダー/ライター)、あるいはNFC対応スマートフォンなどの対応機器にかざすことで、ICカード内の利用実績データをクラウド環境で管理・操作できるようになります。クラウド環境で提供されるユーザー専用ページにログインすると、利用実績を業務用と私用に区分したり、必要なコメントを付記したりして申請データを作成できます。交通費精算にかかわる申請者の作業効率化と、経理担当者の省力化が期待できます。

1)サービスの特長

  • 交通系ICカードの履歴による正確な乗車区間と運賃のデータをご利用いただけます
  • 全国相互利用の交通系ICカードに公式に対応しています
  • 交通系ICカードに対応した全国の鉄道駅とバス事業者に対応しています
  • 新駅開業や駅名変更などの駅情報の更新にも対応していきます
  • モバイルSuicaにも対応し、ご利用のお客さまはスマートフォン上での操作が可能です

2)ご利用可能な交通系ICカード

ご利用可能な交通系ICカード

全国相互利用の10種類の交通系ICカードに加えて仙台エリアでご利用可能な「icsca」にも対応いたします。

ソフトバンク株式会社は、transit managerを通じて、交通系ICカードに公式に対応している交通費精算サービスのさらなる普及を目指していきます。

transit managerの導入に関する問い合わせ先

ソフトバンク株式会社 法人事業戦略本部 鉄道事業室

Mail SBTMGRP-TM-contact@g.softbank.co.jp
  • JR北海道 Kitaca利用承認第5号/JR東日本 Suica利用承認第107号(株式会社ジェイアール東日本企画 許諾)/株式会社パスモ 商標利用許諾済第23号/JR東海 TOICA利用承認第2号/株式会社名古屋交通開発機構 商標利用許諾 第12-029号/ 株式会社エムアイシー 商標利用許諾済 第6号/JR西日本 ICOCA利用許諾済/株式会社スルッとKANSAI 商標使用許諾済/JR九州 SUGOCA利用承認第24号/株式会社ニモカ nimoca利用承認第1号/福岡市交通局 はやかけん利用許諾済/仙台市 icsca許諾済
  • この許諾や記載の商標は、ICカード発行事業者が本商品、サービスの内容・品質を保証するものではありません。
  • 本サービスで使用する端末からは、個人を特定できる情報は取得致しません。
  • 本サービスで使用する端末では、ICカードへのデータ書き込みは一切行いません。
  • 本サービスで使用する端末にタッチしてもICカードの残高は一切引き落とされません。
  • ICカードの更新またはICカード発行事業者の都合により、予告なくICカードが交換されることがあります。この場合、本商品・サービスを継続して利用することはできません。その際の継続方法については株式会社ジェイアール東日本企画にお問い合わせ下さい。
  • 「Kitaca」は北海道旅客鉄道株式会社の登録商標です。「Suica」「モバイルSuica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。「PASMO」は株式会社パスモの登録商標です。「TOICA」は東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。「manaca/マナカ」は、株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシーの登録商標です。「ICOCA」は西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。「PiTaPa」は株式会社スルッとKANSAIの登録商標です。「SUGOCA」は九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。「nimoca」は西日本鉄道株式会社の登録商標です。「はやかけん」は福岡市交通局の登録商標です。「icsca」は仙台市の登録商標です。
  • Android は、Google Inc. の登録商標または商標です。
  • その他の社名、製品名などは、各社の商標または登録商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。