ソフトバンクロボティクス株式会社

プレスリリース 2014年

「ソフトバンクロボティクス」の事業開始について

2014年8月1日
ソフトバンクロボティクス株式会社

ソフトバンクロボティクス株式会社は、ソフトバンクモバイル株式会社からロボット事業を譲り受け、本日より事業を開始しました。

ソフトバンクグループは、2014年6月に世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表し、2015年2月の一般販売に向けて現在開発を進めています。このたび、開発を一層加速させるために、ロボット事業を専門にする会社として設立されたソフトバンクロボティクスが、ソフトバンクモバイルのロボット事業を譲り受けることになりました。今後、ソフトバンクロボティクスは、さまざまな企業と協力しながら、「Pepper」の開発をはじめとするロボット事業を一層推進していきます。

ソフトバンクロボティクス株式会社概要

設立日 2014年7月24日
所在地 東京都港区東新橋一丁目9番1号
代表取締役社長 冨澤 文秀
事業内容 ロボット製品・サービスの提供
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。