プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2004年

国内初、商用回線を利用して遠隔地から内視鏡外科手術用カメラの視野を制御する遠隔手術
慶應義塾大学と東京医療センター間で遠隔共同手術を実施

2004年5月12日
日本テレコム株式会社

慶應義塾大学医学部(東京都新宿区、医学部長:北島政樹)と独立行政法人国立病院機構東京医療センター(東京都目黒区、病院長:田中靖彦、以下 東京医療センター)は、オリンパス株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:菊川 剛)、シスコシステムズ株式会社(東京都、代表取締役社長:黒澤保樹)、日本テレコム株式会社(東京都中央区、取締役代表執行役社長:倉重英樹)、株式会社フォーカスシステムズ(東京都品川区、石橋雅敏)と共同で、商用回線を利用して、遠隔地から内視鏡外科手術用カメラの視野を制御した遠隔共同手術を実施致しました。高速商用回線を利用して病院間を結び、遠隔地の医師と共同で手術を行う遠隔共同手術は、世界でも希な試みとなります。

詳細につきましては、別紙をご参照ください。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。