プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2004年

日本テレコム「Solteira インターネットゲートウェイタイプ1」における
セキュリティオプション追加について

2004年9月29日
日本テレコム株式会社

日本テレコム株式会社(本社:東京都中央区、社長:倉重 英樹)は、法人向けIP-VPNサービス「Solteria」網を介して、各企業イントラネットから直接インターネットに接続可能な「Solteria インターネットゲートウェイタイプ1(共通ポリシー型)」において、「ウィルスチェック」、「URLフィルタリング」の二つの機能をオプションとして追加することになりましたのでお知らせいたします。

昨今、インターネット上のウィルスは複雑化してきており、メールのみならずWEBサイトを閲覧するだけで自分のPCがウィルスに感染する、いわゆる 「HTTPウィルス」と呼ばれるタイプのウィルスの蔓延が問題視されております。また、一方で社員による不用意なWEBブラウジングが「情報漏洩」、「生産性の低下」、「ネットワーク帯域の圧迫」、「訴訟リスク」に波及することも懸念されており、これらの対応が急がれております。
今回のオプション機能追加により、上記の対応策である「ウィルスの検知・駆除」、「不適切なWEBサイトへのアクセス検知・排除」が可能となります。

日本テレコムは、21世紀のネットワーク社会におけるライフスタイル、ワークスタイル、ビジネスモデルをご提案し、最先端の技術を使い、その実現を推進してまいります。

詳細につきましては、別紙を参照してください。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。