プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2004年

≪別紙≫
日本テレコム「Synchronet マネージドTV会議」新ラインナップ概要

1.サービス概要

法人向けIP-VPNサービス「Solteria」および法人向けインターネット接続サービス「ODN-Biz」をご利用のお客様に対しご提供中のTV会議ネットワーク構築に必要な機器の提供、導入、保守を一括して提供するサービス「Synchronet マネージドTV会議」において、現在5つの製品ラインアップでご提供中のポリコム社製TV会議機器に新機種「V500」をラインアップ追加いたします。

サービス提供イメージ

サービス提供イメージ※ENOC:エンタープライズネットワークオペレーションセンター

2.特徴

製品名 マイク/カメラ リモコン 最大設定
レート
備考
V500
マイクとカメラを内蔵
標準で1個付属
IP:
512kbps
シングルポイント
モデル
High-Quality Video「H.264」採用
High-Quality Audio「Siren14」採用
AES暗号化対応
高画質
狭い帯域幅でも自然な画質を実現する「H.264圧縮符号化方式」を採用。
高音質
CD並みの音質(14kHz)を実現する「Siren14」プロトコルを搭載。
セキュリティ設計
AES(Advanced Encryption Standard)ソフトウェアにより、IPのビデオ通話を暗号化し、高いセキュリティを実現します。
低価格
コストパフォーマンスに優れたSOHO向けの低価格モデル。
  • H.264:今までの圧縮符号化方式と同等の映像品質を今までの半分の帯域幅で実現します。
  • AES:米商務省により暗号化標準として正式に承認された新しい暗号化標準

3.サービス価格

「V500」については、従来ラインアップで一番低価格であった「ViewStation SP」と比べ、約40%の価格ダウンを実現しました。 また、全国4拠点から月に2回集まっている企業で、年間約200万円のコストダウンができたとの試算もあります。

月額費用(機器+保守+ヘルプデスク込み)

(税込)
商品名 保守タイプ 1年契約 2年契約 3年契約
V500 センドバック 29,190円 16,590円 12,390円
平日9-17保守 34,020円 21,420円 17,745円
平日9-22保守 35,910円 23,415円 19,635円
24時間365日保守 44,730円 32,130円 28,455円
  • センドバック保守にはヘルプデスクはついておりません。
    初期導入費用(設置+操作説明費用)
    49,875円/台(平日9-18時対応)

4.保守対応

TV会議機器とVPN会議機器、回線サービス等に関する障害対応を一元的に日本テレコムのお客様窓口にてサポートいたします。お客様ネットワークのご利用形態にあわせてセンドバック、平日9-17時対応、平日9-22時対応、24時間365日対応から選択してご利用いただけます。

また、ヘルプデスクをご用意しておりますのでTV会議機器の操作に関して安心してお問合せいただけます。対応時間はTV会議機器のオンサイト保守契約時間帯に準じます。

5.キャンペーン

対象:2005年1月末日までに「V500」をお申込のお客様

月額費用(機器+保守+ヘルプデスク込み)

(税込)
商品名 保守タイプ 1年契約 2年契約 3年契約
V500 センドバック 22,995円 13,230円 9,870円
平日9-17保守 27,090円 17,325円 14,385円
平日9-22保守 28,665円 19,005円 16,065円
24時間365日保守 36,120円 26,355円 23,520円
  • 初期導入費用は変更ありません。

6.提供開始日

2004年10月25日

  • 「Synchronet」の詳細については、こちらをご参照ください。

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。