プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2004年

日本テレコム公衆無線LANサービス「モバイルポイント」
「Yahoo! BBモバイル」とのエリアローミングを実施
~ 「モバイルポイント」を利用されているプロバイダのお客様は更に便利に ~

2004年11月17日
日本テレコム株式会社

日本テレコム株式会社(本社:東京都中央区、社長:倉重 英樹、以下日本テレコム)は、プロバイダ向け公衆無線LANサービス「モバイルポイント」とソフトバンクBB株式会社(本社:東京都中央区、代表:孫 正義、以下ソフトバンクBB)提供の「Yahoo! BBモバイル」のアクセスポイントのエリアローミングにおいて連携することになりましたのでお知らせいたします。 ローミングは2004年11月18日より開始し、ローミング実施後のアクセスポイントエリア数は合計787拠点となります。

モバイルポイント」はJR駅構内を中心にエリアを拡大してまいりましたが、今回の事業連携により、人の流れが多い市中の主要拠点などに強い「Yahoo! BBモバイルゾーン」のエリアが利用できることから、外出先で無線によるインターネット接続を楽しむお客様にとっては、更に利便性が向上することになります。

(2004年11月10日現在)
サービス名称 拠点数 エリア特長
「Yahoo! BBモバイル」 655 ファーストフード店舗、カフェ店舗、空港、各私鉄沿線付近など
「モバイルポイント」 132 JR駅構内、駅周辺ホテル、図書館、六本木ヒルズ周辺など

モバイルポイント」を無線LANサービスの一環として活用されているプロバイダ各社は、「Yahoo! BBモバイル」が提供する無線LANエリア利用を含めて、各社会員のお客様へサービス利用促進の一環としてご紹介することが可能となります。日本テレコムのインターネット接続サービス「ODN」会員のお客様を例に取りますと、「モバイルポイント」と他の無線LANサービスエリアからの接続も可能になることから、約1100拠点からのご利用が可能になります。

日本テレコムの公衆無線LANサービス「モバイルポイント」は、プロバイダ向けホールセールサービスというビジネスモデルで提供しております。今後とも「モバイルポイント」は公衆無線LANサービス・アグリゲーター(無線LANサービス・エリアの集約取りまとめ機能)として、プロバイダ各社へ魅力ある無線LANサービスを提供し、新たなアクセス手段の拡充を積極的に図ってまいります。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。