プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2005年

≪別紙≫
Xdrive® DDP (Digital Documents Platform)の概要

Xdriveは、米国にて1,000万人が利用した実績を持つプラットフォームをベースに、 日本で独自に法人向けの機能を追加し、社内、社外とのセキュアな文書授受を行うための オンラインストレージサービス

Xdrive® DDP」はB2Bにおけるコストパフォーマンスに優れた企業間情報共有のための、インターネット上のプラットホームとして、専用ネットワークの代わりとして活用されてきました。企業内におけるデジタル文書の管理、保管に対するニーズに対応し、デジタル文書のプラットホームとしてお使いいただけるように、自社内にサーバを持ってオンラインストレージを運用されたい企業向けのライセンスソフトウェアとしても提供します。

企業内の拠点、部門毎に配備されたファイルサーバは、業務効率を向上させた半面、 ストレージ資源分散による運用管理コストの増大などの問題を抱えていますが、「Xdrive® DDP」は、それらを短時間に統合し、TCOを大幅に低減したファイル共有手段を提供いたします。「Xdrive® DDP」で提供している、様々な機能(フォルダ共有、更新通知、文書世代管理、ログ検索機能、ユーザ階層管理等)は、お客様がご利用しやすいインタフェースで運用することが可能であり、企業情報システムの中核としてお使いいただけるセキュリティ機能も装備しております。

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。