プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2005年

日本テレコム、社団法人日本テレワーク協会が主催する
「第6回テレワーク推進賞」で会長賞を受賞!
~ICT(Information & Communications Technology)を活用した新しいワークスタイルの実践で高い評価~

2005年10月14日
日本テレコム株式会社

日本テレコム株式会社(東京都港区、社長:倉重 英樹)は、社団法人日本テレワーク協会(東京都千代田区、会長:立川敬二)が主催する「第6回テレワーク推進賞」の「実施・推進の部」において日本テレワーク協会会長賞を受賞しましたのでお知らせ致します。

日本テレコムは、今年1月の本社移転に伴い、昨春より新しいワークスタイルを提唱しており、ICT技術を活用したワークプレイスと柔軟で創造的な仕事のプロセスをサポートする人事・研修制度の導入を行うことで、その実現に向けて実践を続けてきました。

今回の受賞においては、全社員が利用できるテレワーク制度の導入、インターネット接続環境があれば「どこでも」仕事ができる無線LAN対応PCの全社員配布、情報共有化を図るデジタル化ツールの開発、「どこでも」着信可能な050番号を全社員に振り当てた無線IP内線電話システムの導入など様々なレベルで「テレワーク」が容易に実践できる環境を整えたことと、この環境を利用して多数の社員が積極的に個々の働き方に合わせた多様な「テレワーク」を実践していることに高い評価をいただいたと考えております。

今後、日本テレコムは、「テレワーク」の環境面・制度面はもちろんのこと、テレワーク実践者に対するサポートといったソフト面の整備を通じて、テレワークに関するノウハウを共通ナレッジとして社内に展開することで、社員のワークスタイルとライフスタイルの両立を目指し、社員満足度とモチベーションの向上に取り組んで参ります。

また、ICTサービスを提供する通信会社として、お客様の経営課題解決に向けたソリューションの提案活動においても、ICTを活用したワークスタイル変革の仕組み・ノウハウなどをトータルなサービスとしてご提供できるよう努力して参ります。

以上

  • 社団法人日本テレワーク協会
    社団法人日本テレワーク協会は、テレワークに関して調査研究・支援・啓蒙・推進活動を積極的に行っている国内唯一の公益法人です。
    http://www.japan-telework.or.jp/index.html
  • 日本テレコムの社員によるワーク/ライフバランス実践に関するブログページ
    http://www.japan-telecom.co.jp/blog/index.htm
  • 日本テレコム「CSRレポート2005」テレワーク活用の社員の声
    http://www.japan-telecom.co.jp/corporate/csr/report2005/work_style/telework.html

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。