プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2006年

日本テレコム ICTプラットフォームサービス
「ULTINA On Demand Platform」KeyPlatの本格提供開始について

2006年2月9日
日本テレコム株式会社
日本オラクル株式会社

日本テレコム株式会社(本社:東京都港区東新橋一丁目9番1号、社長:倉重 英樹、
以下 日本テレコム)と日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区紀尾井町4番1号、代表取締役社長:新宅 正明、以下 日本オラクル)は、日本テレコムICTプラットフォームサービス「ULTINA On Demand Platform」KeyPlatの商用サービス提供を2006年2月9日より本格的に開始しましたのでお知らせいたします。本サービスの基盤には、オラクルのミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware」と「Oracle Database」が活用されています。

「ULTINA On Demand Platform」KeyPlatは、日本テレコムの通信インフラに、日本オラクルの「Oracle Application Server 10g Release 2」と、「Oracle Database 10g Release 2」で構成されるグリッド・コンピューティング環境を活用し、お客様のビジネスに最適なICTプラットフォームを提供するサービスです。このサービスをご利用いただくことで、お客様は、堅牢で拡張性の高いセキュアなICTプラットフォームを、電気・ガス・水道と同様に利用量に応じた月額ベースのコスト負担のみで、非常に短期間の導入プロセスでご利用いただけます。

「ULTINA On Demand Platform」KeyPlatに活用されたオラクル製品の運用・管理には、「Oracle On Demand」が採用され、エキスパートであるオラクルのエンジニアが、24時間365日監視し、オンラインで運用・管理サービスを提供します。一方、日本テレコムはネットワークセンターにおいてネットワークを含めたシステム全体を監視・運用・管理します。お客様は本サービスを導入することで、ICTプラットフォームに関わる運用業務を安心して外部委託(アウトソース)ができることになり、本来のコアビジネス業務へ経営リソースを集中することが可能となります。

本サービスは、株式会社ベルシステム24(本社:東京都豊島区南池袋二丁目16番8号、社長:園山 征夫、以下 ベルシステム24)が新規提供開始するイベントサポートパッケージ「PROGRES(プログレス)イベント支援ASP」のシステムにおいて採用されております。「PROGRESイベント支援ASP」とは、イベントポータルサイトの運用、イベント・キャンペーンの事務局運用、アウトバンドプロモーションの設計・運用を一括でおこなうサービスで、システムは期間貸し(ASPサービス)形態で提供されます。事業の初期投資リスクを分散させたいというベルシステム24の意向とKeyPlatの従量制料金モデルが合致したうえ、同サービスの情報セキュリティ体制等についても評価され、採用に至りました。

「PROGRESイベント支援ASP」は、日本オラクルが提供するWebマーケティングシステム「OCD(Oracle Contact Database)」に、ベルシステム24が保有する「CMS(Call Management System)」を追加開発し完成した「PROGRESシステム」上で提供される、ベルシステム24のB to Bイベントプロモーション・パッケージサービスです。イベントの全てのプロセスをベルシステム24が一括受託するため、顧客企業は業務の進捗状況を随時確認するだけで、これまでイベント実施の際に大きな負担となってきた工数負荷の削減、あるいはグレーディングやイベントの効果測定などイベントで収集した顧客データの有効活用が可能です。CRM業界No.1のベルシステム24のCRMノウハウがフルに活かされたサービスです。

日本テレコムでは、このような多様な機能をネットワークと一体化して実現する「ICTプラットフォームサービス」を日本テレコムの主軸サービスとして位置付けており、今後、大手ソフトベンダー等との提携を通じてサービス開発・提供を行い、ICTソリューションカンパニーとしてお客様のビジネスへ最適な課題解決ができるようサポートして参ります。

  • サービスの詳細は別紙をご参照ください。

以上

日本テレコムについて

日本テレコム株式会社は、1984年設立。13,000km以上に及ぶ全国の光ファイバーネットワークをバックボーンとして保有しており、各種WANサービスからマネージドサービス、アプリケーションサービスに至るまでお客様のビジネスの課題解決に最適なICTソリューションサービスを提供しています。従業員数5,134名。(2005年9月末)

日本オラクルについて

日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月28日に東証一部上場。従業員数1,502名。(2005年11月末)

Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。