プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2008年

インターネット接続サービスにおける大量データ送信制限の実施について

2008年11月27日
ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下ソフトバンクテレコム)は、インターネット接続サービス「ODN」「SpinNet」「ULTINA Internet」において、会員の皆様に快適かつ安定した品質のサービスをご利用いただけるよう、一定の水準を超えるデータの送信(上りデータ転送)をしているお客様に対して「総量規制方式」※1による利用の制限を2009年1月5日より実施いたします。

1.背景

ブロードバンド通信サービスの普及に伴い、インターネットにおけるデータ通信量は増加傾向にありますが、ソフトバンクテレコムでは快適なインターネット接続環境をご利用いただけるよう、通信品質の確保に努めています。
しかしながら、一部のお客さまが大量のデータをインターネットに送信することによって、回線帯域を占有される状態が続き、その結果、他の多くのお客さまの通信速度や通信品質が低下する事象が発生しています。
ソフトバンクテレコムでは、このような状況を改善するために本施策を実施します。

2.概要

ソフトバンクテレコムで設定した規制基準(1日あたり15ギガバイト(GB)※2以上)の大容量データをインターネットに送信しているお客さまについては、利用制限の対象となります。制限の対象となったお客さまに対しては、ソフトバンクテレコムより事前にその旨をお知らせしますが、ご利用状態が改善されない場合は利用停止の後、契約解除をすることがあります。
なお、ホームページ閲覧、メール受信やファイルのダウンロードなど、下り側のデータ転送については対象とはなりませんので、安心してインターネット接続サービスをご利用できます。

3.開始日

2009年1月5日(月)

4.対象サービス

以下のインターネット接続サービスが対象になります。

「ODN」 「Bフレッツ」プラン
「Bフレッツ」コース
「Bフレッツ」Sコース
「SpinNet」 SpinNet 「フレッツ光」サービス
「ULTINA Internet」 「ブロードバンドアクセス フレッツプラン」 ビジネスタイプ
「ブロードバンドアクセス フレッツプラン」 ベーシックタイプ
「ブロードバンドアクセス フレッツプラン」 ファミリータイプ
「ブロードバンドアクセス フレッツプラン」 マンションタイプ
「ブロードバンドアクセス フレッツプラン」 エンタープライズタイプ

ソフトバンクテレコムでは、今後もお客さまへより快適で安定した品質のインターネット接続サービスをご利用いただくための取り組みを行ってまいります。
快適かつ安定したインターネットサービスの提供にご理解とご協力をお願いします。

[注]
  • ※1総量規制方式
    個々のユーザのトラヒック量(データの送信量)を測定し、一定のトラヒック量を超えたユーザに対して利用を制限する方式。
  • ※21日あたり15GBの目安
    高画質モードで撮影した写真(約7Mバイト)を1日に2,000枚以上送信、片面1層のDVD(約4.7ギガバイト)を1日に4枚以上送信した際の容量となります。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。