プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2009年

IP電話対応機器のファームウエアのバージョンアップに関するお知らせ

2009年2月16日
ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下 ソフトバンクテレコム)は、インターネット接続サービス「ODN」および「SpinNet」にご加入のお客さまにご利用いただいておりますNECアクセステクニカ株式会社(以下NECアクセステクニカ)製IP電話機能付きADSLモデム、およびIP電話専用機器(以下 IP電話対応機器)において、電源を入れた後に一定期間連続して使用すると、通話ができなくなる事象が発生することが判明いたしましたので、お知らせいたします。

これに伴いまして、当該IP電話対応機器をご利用のお客さまにおかれましては、バージョンアップ作業を行っていただけますようお願いいたします。 バージョンアップの手順については、NECアクセステクニカ社のホームページにて公開するとともに、順次対象となるお客さまへ個別にご案内を差し上げます。

お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1.対象機器

2003年3月~2009年1月に出荷されたNECアクセステクニカ社製 IP電話対応機器「Aterm(エーターム)シリーズ」

機種名詳細については下記の機種一覧表をご参照ください。

2.機種名詳細

NECアクセステクニカ社製 IP電話対応機器「Aterm(エーターム)シリーズ」

機種名
DR302CVA (J) WD606CV (J)
DR302CV (J) WD606CV (K)
DR302CVA (K) WD701CV (J)
DR304CV (J) WD701CV (K)
DR304CV (K) WR5100VT
WD605CV (J) WR7610HV
WD605CV (K) BR500V
[注]
  • 機種名の確認方法は「機種名の確認方法」を参照下さい。

3.不具合の内容

IP電話対応機器内部に使用しているソフトウエア(ファームウエア)の不具合により、電源を入れた後に約6年9ヶ月間連続して利用すると、IP電話の発着信ができなくなります。

[注]
  • 電源アダプタの抜き差しや、設定変更による機器の再起動を行った場合は、その時点からの起算となります。

4.不具合の解消方法

本事象を解消するファームウエアへのバージョンアップ作業を行っていただくことにより不具合が解消されます。
必要な作業の手順につきましては、以下IP電話対応機器メーカーのホームページにてご案内しておりますので、併せてご確認ください。

ファームウエアのバージョンアップ作業手順のご案内

なお、本件につきましては本日より弊社サービスのホームページにおいてもお知らせを掲載しております。

5.お問合せ先

専用窓口:Aterm IP電話バージョンアップサポートセンター
電話番号 0120-350048
[注]
  • 通話料無料。携帯電話・PHSからもかけられます。
0537-21-1521
[注]
  • 上記電話番号をご利用いただけないお客様は、 こちらをご利用ください。通話料はお客様のご負担となります。
受付時間 2009年3月31日まで 9:00-21:00(土日・祝日も受付)
2009年4月1日から  9:00-17:00(土日・祝日も受付)

機種名の確認方法

製品本体側面の装置銘版で機種名をご確認ください。(イラスト参照)

機種名の確認方法以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。