プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2009年

iPhoneを活用した遠隔医療画像コンサルトで、
迅速な医療活動をサポート

2009年10月15日
ソフトバンクテレコム株式会社
株式会社ジェイマックシステム

ソフトバンクテレコム株式会社と、医療情報システムを開発している株式会社ジェイマックシステム(以下、J-MAC)は、この度iPhone™ (アイフォーン)を活用した医療画像コンサルトのサポートサービスについて協業を開始しました。また、医療機関の協力を得て「遠隔医療」分野における効果的な医療サポートサービスの開発に向けて共同研究を開始します。

現在、医療現場では医師不足や様々な要因から、救急医療現場における迅速な対応が困難な状況にあると言われています。救急処置は専門医の迅速な判断が欠かせませんが、専門医が常に医療施設内に待機することは現実的に不可能であり、何らかの解決策が必要とされています。

今回実施する共同研究では、モバイル端末を活用した遠隔からの医療サポートを実現することで、救急医療の効率化と質の向上を目指し、その有用性(救急医療の質の向上と医師の負担軽減)を検証します。 本共同研究では、医療機関内で撮影した検査画像(CT、MRIなど)をJ-MAC社製DICOM※1ビューア「VOX-BASE II」を使ってPDF化し、本システムが有するメール添付機能を用いて各専門医が持つiPhoneに送信することで、現場の担当医と院外の専門医が検査画像を共有しながら、迅速に救急処置の相談ができるようになります。iPhoneでは、画面に直接触れて受信した検査画像を拡大して患部を確認したり、送受信された動画データでの閲覧も可能です。さらに、iPhoneのグループ通話サービス機能を活用すれば、医療画像を見ながら院内および院外の複数の担当医師が、最適な治療方法を検討するといった使い方も期待できます。これらのiPhoneを活用した画像参照により、遠隔地での救急医療へのサポート体制の構築が可能となります。

今回この共同研究に参加した霧島市立医師会医療センター(鹿児島県霧島市)では、ITを取り入れた地域医療に積極的に取り組んでおり、現在は専門医がiPhoneを院外で利用しています。同医療センター担当の田中 大三放射線部部長は「本共同研究を通じて、画像コンサルトが十分に可能であるという印象を持ちました。私のように、院外では常にノートパソコンを持ち歩き、病院からの緊急コンサルトに対応している者にとってはかなりの負担の軽減につながるものと確信しました。CT、MRI等の画像のみでなく、カメラで撮像した心電図を循環器内科に送信して、専門医にコンサルトするといった使用法もあり、当直医にとっては非常に有用であると考えています。画質については遠隔画像コンサルトに用いるものとして十分なクオリティであると評価しますが、DICOM画像ではないため、院内からの送信時にウインドウ設定の適正化が必要な点は留意しておかねばならないと考えています。」と、医療画像コンサルトのサポートサービスについて評価しています。

また、国家公務員共済組合連合会 浜の町病院(福岡県福岡市)、医療法人 禎心会病院(北海道札幌市)、岐阜県総合医療センター(岐阜県岐阜市)でも同様の共同研究を実施しており、医療画像コンサルトのサポートサービスの有用性を多角的に検証することで、さらなるサービス改良を続けていきます。また、今後は、救急医療施設を有する医療機関を中心に、3年間で300施設への導入を目指します。

医療画像コンサルトのサポートサービス利用イメージ

医療画像コンサルトのサポートサービス利用イメージ
[注]
  • ※1Digital Imaging and Communication in Medicine: 医用デジタル画像と通信に関する標準規格。

以上

  • *Apple、Appleのロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • *iPhoneはApple Inc.の商標です。
  • *iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • *iPhone 3Gは単独の通信業者のサービスでのみお使いいただけるよう設定されている場合があります。
  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • * J-MAC SYSTEMおよびジェイマックシステムの名称、ロゴは、日本国における株式会社ジェイマックシステムの登録商標です。
  • * VOX-BASEおよびボックスベースの名称、ロゴは、日本国における株式会社ジェイマックシステムの登録商標です。

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。