プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2010年

メタル回線等の接続料に関する要望書の提出について

2010年1月14日
イー・アクセス株式会社
イー・モバイル株式会社
関西ブロードバンド株式会社
KDDI株式会社
株式会社コアラ
彩ネット株式会社
株式会社ザ・トーカイ
ソフトバンクテレコム株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社
ソフトバンクBB株式会社
株式会社新潟通信サービス
株式会社ビック東海
フュージョン・コミュニケーションズ株式会社
UQコミュニケーションズ株式会社
(五十音順)

イー・アクセス株式会社、イー・モバイル株式会社、関西ブロードバンド株式会社、KDDI株式会社、株式会社コアラ、彩ネット株式会社、株式会社ザ・トーカイ、ソフトバンクテレコム株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、ソフトバンクBB株式会社、株式会社新潟通信サービス、株式会社ビック東海、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社、UQコミュニケーションズ株式会社は本日、総務大臣に対して、メタル回線等の接続料に関する要望書を提出いたしましたので、お知らせいたします。

2009年12月9日にNTT東日本及びNTT西日本が総務省に申請した実際費用方式に基づく平成22年度接続料のメタル回線や専用線等を用いるレガシー系サービスの接続料は、大幅な値上げを伴う内容となっており、固定通信市場におけるNTTグループの独占回帰がさらに進むことが強く懸念されます。

電気通信市場の公正競争環境を維持し、ICT利活用を通じた国民の利便向上を図る観点から、NTT東西自らがネットワークの将来計画を速やかに明らかにし、接続料の算定方法を抜本的に見直すことが必要であること、そのためにこれら接続料について、当面の間、政策的に現状の水準で凍結されることを強く求めるために要望書を提出したものです。

提出した要望書は別紙のとおりです。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。