プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2012年

クラウドサービスの利用に最適な統合VPNサービス
「ホワイトクラウド SmartVPN」の提供開始について

2012年7月9日
ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社は、クラウドサービスと親和性の高い統合VPNサービス「ホワイトクラウド SmartVPN」の申し込み受け付けを、2012年8月1日(水)から開始します。

「ホワイトクラウド SmartVPN」は、IPトラフィックの爆発的な増加やクラウド市場の急速な拡大を背景に、高い品質と信頼性、コストパフォーマンスを兼ね備え、クラウドサービスと親和性の高い「Cloud Ready」をコンセプトに開発された新しいVPNサービスです。これまで個々に提供してきたIP-VPN、広域イーサネットなどのネットワークサービスを統合し、ソフトバンクテレコムのクラウドサービス「ホワイトクラウド」とのシームレスな接続や、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末からのリモートアクセスまで、お客さまに最適なVPNサービスを提供します。

「ホワイトクラウド SmartVPN」は、クラウドサービスとのネットワーク接続回線を新たに手配することなく利用できるため、「ホワイトクラウド」の各種サービスとシームレスな接続が可能です。また、お客さまのネットワーク構築ポリシーに合った通信レイヤー(L2/L3)や、拠点ごとの要件に適したアクセス回線を選択し、それらを自由に組み合わせるだけで、拠点規模やデータ量に応じた柔軟で拡張性のあるネットワークを簡単に構築することが可能です。また、従来はVPNサービスごとに設置していたお客さまからの問い合わせ窓口を統合し、申し込みから保守・運用までをワンストップで提供します。

ビジネス環境の変化に柔軟に対応するため、幅広い業務領域でクラウドサービスが利用される中、ソフトバンクテレコムは、お客さまがクラウドサービスのメリットを最大限に利用できるよう、親和性の高いVPNサービス「ホワイトクラウド SmartVPN」をはじめ、デバイスからクラウドまでのトータルソリューションを提供していきます。

「ホワイトクラウド SmartVPN」の概要

1. 特長

(1)クラウドサービスと直結したシームレスネットワーク
「ホワイトクラウド」の各種サービスとシームレスに接続できるので、クラウドサービスを提供するデータセンターとの接続回線の手配や、煩雑な申し込みをすることなく簡単に導入できます。さらに、「ホワイトクラウド SmartVPN」をご利用のお客さまには、「ホワイトクラウド PrimeDrive」(500MByte)を当初から標準提供するほか、今後は「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス」3ID、「ホワイトクラウド インターネットVPNアクセス」5IDなどの標準提供も予定しています。
(2)シンプルなサービスメニュー
統合型のVPNサービスとして、通信レイヤー(L2/L3)の料金を一本化し、お客さまはご希望の通信レイヤーと、サービスグレードを組み合わせるだけで、各拠点に適したクラウド接続環境を簡単に構築することができます。
(3)サービスごとの窓口を統合したワンストップオペレーション
従来VPNサービスごと、「ホワイトクラウド」の各種サービスごとに用意していた、お客さまからの問い合わせ窓口を統合し、申し込みから保守・運用までをワンストップで提供します。

2. 申し込み受け付け開始日

2012年8月1日(水)

3. サービスラインアップ

(1)「ホワイトクラウド SmartVPN」の主なアクセス回線ラインアップ
サービスグレード アクセス回線品目
ギャランティ Etherコネクト
Etherアクセス
DCアクセス
ベストエフォート 光アクセスS
DSLアクセスS
光アクセスプランF
DSLアクセスプランF
(2)「ホワイトクラウド SmartVPN」とシームレスな接続が可能な主なクラウドサービス
  1. ホワイトクラウド PrimeDrive
  2. ホワイトクラウド ビデオカンファレンス
  3. ホワイトクラウド ダイレクトアクセス
[注]
  • 今後、順次拡大予定です。
  • 「ホワイトクラウド インターネットVPNアクセス」は、今秋から可能になる予定です。

4. 料金(税込み)

初期費用 31,500円~
アクセス回線利用料 12,600円~/月(回線に「光アクセスプランF」を用いた場合)

5. その他

ネットワーク構築を行うために必要な機器設計、設置、保守を一括して提供する「ULTINA Operation Services マネージドCPE-S」を「ホワイトクラウド SmartVPN」と併せて利用することで、企業向けネットワーク運用管理の負荷を大幅に軽減することが可能です。

「ULTINA Operation Services マネージドCPE-S」の詳細は、下記ウェブサイトをご参照ください。

イメージ図

イメージ図

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。