プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2012年

野村證券にiPadを8,000台納入

2012年7月10日
ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社(以下「ソフトバンクテレコム」)は、野村證券株式会社(以下「野村證券」)にiPad(Wi-Fi + Cellularモデル)を8,000台納入します。

野村證券では、“コンサルティング営業の強化”を経営方針とし、顧客へのサービスの品質の向上に取り組んでいます。その一環として、昨年試験的にiPadを導入して営業活動への効果が確認されましたので、今回、全国のリテール事業の営業担当者約8,000人を対象に、本格的にiPadの導入を決定しました。

ソフトバンクテレコムは、全国の野村證券の営業担当者が顧客ニーズに応じた迅速なサービスを提供できるように、訪問先でさまざまな情報やパンフレットなどを閲覧できるクラウド型の電子カタログサービスの提供を通じて、野村證券が目指すコンサルティング営業の強化を支援します。さらに、紙の使用を抑制することで、コスト削減効果の推進と環境への負荷低減の実現も支援します。

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • iPadはApple Inc.の商標です。
  • SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。