プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2013年

クラウド型オンラインストレージサービス「PrimeDrive」に
ディザスタリカバリ機能を追加~企業における災害対策を支援、業務データを災害から守る環境を実現~

2013年5月7日
ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社は、企業向けクラウド型オンラインストレージサービス「PrimeDrive(プライムドライブ)」に、災害対策を目的としたディザスタリカバリ機能を追加し、本日より提供開始します。

本機能は、遠隔地にある当社データセンターに「PrimeDrive」のディザスタリカバリサイトを追加することで実現するものです。お客さまは、地震や津波といった自然災害などによる大規模なシステム障害時にアクセス先を切り替えることで、バックアップされたデータにアクセスすることができます。

本機能の特長

1. 災害時のデータ損失を防止し、業務継続性を向上

国内他拠点のディザスタリカバリサイトへ30分ごとにデータの差分バックアップ(最新のバックアップ以降に追加・更新されたすべてのデータを複製すること)を実施することで、災害時にデータの損失を最小限に抑えることができます。

2. 標準機能として提供

「PrimeDrive」をご契約のお客さまへ標準機能として提供します。既に「PrimeDrive」を利用中のお客さまも追加費用は発生しません。

3. 手間なく簡単に導入可能

お客さまによる事前の設定や追加のお申し込みは不要です。

本機能の概念図

本機能の概念図

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。