プレスリリース(旧ワイモバイル) 2014年

「安全で安心なまちかながわ」の実現に向けて神奈川県と協定を締結 ~振り込め詐欺電話被害防止へ寄与~

2014年5月14日
株株式会社ウィルコム
ソフトバンクテレコム株式会社
トビラシステムズ株式会社

ウィルコム(以下「ウィルコム」)、ソフトバンクテレコム株式会社(以下「ソフトバンクテレコム」)、トビラシステムズ株式会社(以下「トビラシステムズ」)の3社は本日、「安全で安心なまちかながわ」の実現に向けて神奈川県と協定を締結しました。

今回の協定締結により、神奈川県内でウィルコムの「迷惑電話チェッカー<WX07A>」(以下「迷惑電話チェッカー」)のモニター利用が実施される予定です。また、迷惑電話番号情報の提供を受けることにより、神奈川県における振り込め詐欺電話被害の防止が期待されます。

「迷惑電話チェッカー」は、自宅の固定電話回線に設置するだけで、振り込め詐欺やしつこい勧誘電話などの悪質な迷惑電話からの着信を、光と音声で自動警告する端末です。迷惑電話番号情報は「迷惑電話チェッカー」ユーザー全体で共有するため、初めてかかってきた電話番号であっても迷惑電話かどうかを判別することができ、一人暮らしやお年寄りの方にも安心してご利用いただけます。迷惑電話番号情報はトビラシステムズが管理し、2014年4月末時点で既に2万5,000件以上が登録されており、今後ユーザー同士で迷惑電話番号情報を共有することにより、さらに番号情報が追加され、利便性が向上します。また、かかってきた電話についても、任意で拒否登録や許可登録をすることができます。

今回締結した協定の概要は、下記の通りです。

振り込め詐欺被害防止等に関する包括協定

(1)目的

電話、インターネット等による振り込め詐欺等の被害の未然防止・拡大防止及び電話、インターネット等の安全利用の促進を図るため、相互連携と協働による活動を推進する。

(2)実施時期

2014年5月14日(水)~2015年5月13日(水)

(3)神奈川県および3社の協力内容

  • 振り込め詐欺等の被害防止に関する啓発活動
  • 振り込め詐欺等の被害防止に関する情報発信、広報活動
  • 電話、インターネット等を利用した犯罪の予防方策の提案
  • 電話、インターネット等を安全で安心して利用するための情報提供、広報活動

(4)協定締結に基づく犯罪の予防方策の提案

神奈川県内での「迷惑電話チェッカー」のモニター利用の実施や迷惑電話番号情報の提供により、振り込め詐欺などの迷惑電話被害の防止に役立てる。

  • このプレスリリースに記載されている会社名やサービス名、システム名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。