プレスリリース(旧ワイモバイル) 2014年

Y!mobile 新商品について

2014年7月17日
ワイモバイル株式会社
株式会社ウィルコム沖縄

ワイモバイル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO エリック・ガン)および株式会社ウィルコム沖縄は、新ブランド「Y!mobile」の新商品として、「Yahoo! JAPAN」との各種連携サービスに対応したスマートフォン2機種8色、テレビチューナーを搭載しAXGP・LTE・3Gのマルチネットワークに対応したPocket WiFi 1機種2色、さまざまな特長を備えたPHS通信方式対応ケータイ4機種13色を、2014年8月1日(金)以降順次発売します。

各機種の主な特長は以下のとおりです。

各機種の主な特長

機種名 主な特長 発売時期
STREAM S
302HW
メタルフレームを採用し、6.8mmのスリムボディに重さ110gの軽量化を実現したスマートフォン。500万画素のインカメラにより、美しい自分撮りが可能。すべてのアプリをホーム画面で管理できるEmotion UIで快適な操作性を実現。 2014年
8月1日
DIGNO T
302KC
防水※1・防塵※2・耐衝撃※3対応の堅牢な4G対応スマートフォン。騒音の多いところでも相手の声を聞こえやすくするスマートソニックレシーバーを搭載。 2014年
9月以降
Pocket WiFi
303HW
テレビチューナー搭載で外出先でもテレビ視聴が可能。約5秒の高速起動とタッチスクリーン搭載により、快適でわかりやすい操作性を実現。下り(受信時)最大110MbpsのAXGPをはじめ、LTE、3Gのマルチネットワークに対応。 2014年
8月1日
STOLA
301KC
全5色から選べるリアカバーでカスタマイズが楽しめる、約75gの軽量&コンパクトなシンプルケータイ。1ヵ月以上の連続待ち受けが可能で、バッテリー切れを心配することなく通話を楽しめる。 2014年
8月1日
BISINESTA
301JR
防水・防塵性能を装備。企業内PBXと連携し、オフィスの内線子機として社屋内でも使用可能。ICレコーダー機能やブラウザ機能などを搭載し、様々なビジネスの現場で利用可能な法人用ケータイ。 2014年
8月1日
CRESTIA
402KC
ディテールにこだわった多機能折りたたみケータイ。Bluetooth対応でスマートフォンの親機や子機として使用可能。PHSデータ通信によるテザリングも可能。快適性を極めた各種通話機能や、防水※1・防塵※2・耐衝撃性能を装備。 2014年
10月以降
LIBERIO
401KC
洗練されたストレートケータイ。Bluetooth対応でスマートフォンと連携可能。詐欺被害や災害に備える安心機能に対応。防水※1・防塵※2・耐衝撃※3性能を装備。 2014年
10月以降

各機種の詳細は、別紙をご参照ください。

また、今回のY!mobile 新商品発売に合わせて、「SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)」ブランドより専用ケースや液晶保護フィルムを発売します。詳細についてはソフトバンク コマース&サービス株式会社のプレスリリースをご覧ください。

[注]
  • ※1
    IPX5/IPX7相当の防水性能
    IPX5:内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5L/分の水を3分以上注水する条件であらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても電話機としての性能を保ちます。IPX7:常温で、水道水かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての機能を保ちます。キャップ類はしっかりと閉じ、電池フタは確実に取り付けてからロックをかけてください。常温の水道水以外には浸さないでください。
  • ※2
    IP5X相当の防塵性能
    IP5Xとは、直径75µm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に電話機を8時間入れて攪拌(かくはん)させ、取り出したときに電話機の機能を有し、かつ安全に維持することを意味します。
  • ※3
    耐衝撃
    アメリカ国防総省が制定したMIL-STD-810G Method 516.6:Shock-ProcedureIV に準拠した規格において、高さ1.22mからの合板(ラワン材)に製品を26方向で落下させる試験を実施しています。
  • Yahoo!は、米国Yahoo! Inc.の登録商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。