プレスリリース(旧ワイモバイル) 2014年

STREAM S(ストリーム エス) 302HW
(Huawei製)の概要

主な特長

  • 6.8mmのスリムボディに重さ110gの軽量設計

    フルフラットボディにメタルフレームを基調としたデザインを採用し、約6.8mmのスリムボディと重さ約110gの軽量化を実現。カラーも個性に合わせて選べるホワイト、ピンク、ブラックのカラーバリエーションをご用意しました。

  • 暗い場所でもマクロでもきれいに撮影できる高性能カメラを搭載。インカメラで自分撮りも美しく

    F値2.0のレンズ搭載で暗い場所でも明るく綺麗な仕上がりの写真撮影が可能。被写体に4cmまで接近できるマクロ接写や自動で美しい仕上がりになるスマートモードを搭載し簡単にきれいな写真を撮影することができます。500万画素のインカメラと若返り効果「ビューティレベル」機能により、自分撮りも美しく撮影することができます。

  • カスタマイズできるEmotion UIで自分好みのホーム画面を作成

    すべてのアプリをホーム画面で管理できるなどの、進化したEmotion UIを搭載。すぐれたインターフェースにより、快適な操作を実感できます。

STREAM S(ストリーム エス) 302HW(Huawei製)

STREAM S(ストリーム エス)

左から、ホワイト/ピンク/ブラック

主な仕様

通信方式 国内 W-CDMA方式(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)
FDD-LTE方式(1.7GHz)
海外 W-CDMA方式(900MHz/2.1GHz)
FDD-LTE方式(1.7GHz)
GSM方式(850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz)
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約66×133×6.8mm/約110g
連続通話時間/連続待受時間※1 W-CDMA網 約700分/約400時間(静止状態)
GSM網 約1000分/約300時間(静止状態)
FDD-LTE網 待受時間:約330時間(静止状態)
AXGP網
Wi-Fiテザリング機能 同時接続可能台数:8台
連続通信時間(LTE / 3G): 約360分 / 約420分
ディスプレイ 約4.7インチHD(1280×720ドット) TFT液晶
モバイルカメラ
(画素数/タイプ)
メイン 約800万画素/CMOS
サブ 約500万画素/CMOS
外部メモリー/推奨容量 microSDHC™カード(別売り)/最大32GB
内蔵メモリー ROM 8GB
RAM 2GB
CPU(クロック数/チップ) 1.6GHz クアッドコア/KIRIN910
電池容量 2,000mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数) IEEE 802.11 b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth Ver.4.0+EDR
プラットフォーム Android 4.4
カラーバリエーション ホワイト、ピンク、ブラック

発売日

2014年8月1日(金)

[注]
  • ※1
    通話・待受時間はご利用環境、使用頻度、設定によって異なります。
  • 「STREAM S」は、ソフトバンクモバイル株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • microSD、microSDHC、microSDXCは、SD-3C,LLCの商標です。
  • Bluetoothは米国Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。
  • Android はGoogle Inc.の商標です。
  • 仕様および外観は開発段階のものであり、改良のため、予告なく変更になる場合があります。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。