プレスリリース(旧ワイモバイル) 2014年

京急・空港線のトンネル内で携帯電話が利用可能に!
12月24日(水)からサービス提供開始

2014年12月17日
京浜急行電鉄株式会社
株式会社NTTドコモ
KDDI株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社
ワイモバイル株式会社

京浜急行電鉄株式会社(以下「京急電鉄」)、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、ワイモバイル株式会社は、2014年12月24日(水)午前10時から、羽田空港へアクセスする京急・空港線「羽田空港国内線ターミナル~京急蒲田駅」のトンネル内において、新たに携帯電話サービスの提供を開始します。

これにより、駅構内だけではなく、各駅間のトンネル内における列車内でも携帯電話によるインターネット接続およびEメールの送受信が可能となります。
また、事故や災害発生時などの非常時においても、情報収集の手段としてご利用いただけます。

  • 停電時などはご利用できない場合があります。

全社は、今後もサービスエリアの拡大や品質改善ならびにお客様がよりご利用しやすい環境の整備を進めてまいります。

サービス提供開始日

2014年12月24日(水)  午前10時(予定)

サービス開始区間

  • 京急・空港線 「羽田空港国内線ターミナル~京急蒲田駅」のトンネル内

電車内での携帯電話のご利用については、これまで通り、マナーをお守りくださいますようお願い申し上げます。

  • 車内での携帯電話のご利用は、優先席付近では携帯電話の電源をお切りいただき、それ以外の場所ではマナーモードに設定の上、通話はご遠慮ください。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。