プレスリリース 1999年

ナスダック・ジャパンを創設

1999年6月15日

ソフトバンク株式会社(以下ソフトバンク、東京・中央区、社長:孫 正義)と全米証券業協会(The National Association of Securities Dealers, Inc.、以下NASD、所在地:米国・ワシントンDC、会長兼CEO:フランク・G・ザーブ)は本日、NASDが運営する米国ナスダック証券市場(以下ナスダック)の日本に於ける新たな証券市場「ナスダック・ジャパン」の創設に向けて提携することで合意しました。

これに伴い、ナスダック・ジャパンの創設を目的とした“ナスダック・ジャパン・プランニング株式会社”を両社共同で6月中に設立します。また、来年末までにナスダック・ジャパンとしての取引の開始を目指します。

1971年、米国で創設されたナスダックは、市場と証券会社をコンピュータ・ネットワークで結ぶ画期的な証券市場システムを持ち、既に売買高、売買株数、登録企業数で、ニューヨーク証券取引所を上回り世界第1位の市場に成長しています。ナスダックは物理的な取引の場を持たずに、的確な情報提供と高い透明性、流動性、効率性を実現して、マイクロソフト、ヤフー、インテル、シスコ・システムズ、デル・コンピュータなど有力ハイテク企業をはじめ5,000銘柄に及ぶ米国成長企業が登録し、活動を行っています。

ナスダック・ジャパンは、ナスダックの経験とノウハウおよびソフトバンクの国際性、革新性をもとに、真に公正で公平なグローバル市場の実現を目指します。そして、日本の投資家に5,000銘柄にも及ぶ米国の高成長銘柄への投資機会を提供するとともに、日本の成長企業への円滑な資金調達と活発な株式公開の場を提供できるものと期待しています。

新会社の概要(予定)

社名 ナスダック・ジャパン・プランニング株式会社
英文名 Nasdaq Japan Planning Company, Inc.
資本金 6億円
出資比率 NASD50%、ソフトバンク株式会社50%
代表者 孫 正義(ソフトバンク株式会社 代表取締役社長)
設立 平成11年6月
事業内容 日本での新たな証券市場であるナスダック・ジャパン創設を 目的とした会社

参考

米国ナスダックとは

  • 5,000社近くの銘柄を持ち、売買高、売買株数、登録企業数ではニューヨーク証券取引を上回る全米最大の証券市場です。

  • マイクロソフトやインテル等、主要な高成長のハイテク銘柄が集中しています。

  • 世界初の電子証券市場として設立されて以来、最新の情報技術を用いています。

  • 投資家保護のため、優れた情報技術と優れや自己規制を行っています。

ナスダック・ジャパンの理念、目標

  • 透明性、流動性、効率性が高く、しかもフリーでかつフェアーなグローバル市場の創設を目指します。

  • 最新のインターネット等の情報技術を用いて、日米両国の高成長企業銘柄を核としたインデックス等の多様な商品を供給し、日本で主要な市場となることを目指します。

ナスダック・ジャパンの特徴

  • コンピュータシステムによる取引処理を行います。

  • インターネットなどの最新のIT技術を用いて市場と証券会社を直接、接続します。

  • 連続して長時間の取引の実現を目指します。

  • 円ベースでの表示、取引を行います。

記者会見の模様を動画でごらんになれます-->こちらのページ(http://webevents.broadcast.com/softbank/indexj.html)

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。